「映画・ビデオ・DVD」カテゴリーアーカイブ

レッドクリフ Part I

 娘2号が部活に行ってしまったので、「レッドクリフ Part I」を見に行きました。ビエラのCMに流れていたときには何の映画かと思いましたが、レッドクリフ=赤壁ということでやっと理解しました。三国志といえば横山光輝漫画「三国志」も有名ですが、自分の中ではNHKの午後6時台にやっていた「人形劇_三国志」の方がなじみが深い感じです。三国志の中の赤壁の戦いにスポットを当てたのがこの映画のようですが、あの長い物語の一部を切り取って映画にしたということでなかなか各登場人物の描き方が物足りない感じがします。それでも充分楽しめた訳で、来年4月のパート2が待ち遠しかったりします。

スクリーム

 BSデジタル(フジ?)で「スクリーム」をやっていました。他に見るものもないし見てなかったと言うこともあって、あまり期待せずに見始めました。いきなり殺されてしまう女子高生がドリュー・バリモアだったり、いろいろなホラー映画のタイトルなどが出てきたり、最初は嫌な女だった美人テレビレポーターが最後には重要な役回りをしたりで、なかなか楽しめるホラーコメディでした。来週は「スクリーム2」をやるみたいなので、これも一応見てみないといけないかも。

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

 面白い番組が無かったのでだいぶ前に地上波でやっていて録画しておいた「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」を見ました。気楽に見られるだろうと思っていましたが、予想通りに楽しく見ることが出来ました。バブルの時には就職・結婚していたわけですが、地方にいるせいもあって全く恩恵(影響)を受けることなくバブルがはじけてしまい、この映画のような状況を少しでも味わいたかったという思いもあったりします。広末涼子は早稲田に入学したから自分の中ではちょっとイメージが良くなかったのですが、この映画を見て少し見直してしまいました。

セレニティー

 たまたまWOWOWでやっていた「セレニティー」を見ました。休みの日の20時からという時間帯でやるからには面白いだろうと思って見始めたのですが、予想以上に良い感じでした。もともと”Firefley“というFOXのTVシリーズだったものが途中で打ち切られて、残りの話をユニバーサルに持ち込んで映画化したということのようです。

着信アリ

 WOWOWで「着信アリ」を3作連続で放映していた分を見ました。「着信アリ」は以前見たのですが、「着信アリ2」「着信アリFinal」は初見です。「2」は無理矢理台湾に話を持って行ってしまって筋が通らなくなってしまっている感じがし、「Final」は怖さを感じるところがわずかに残っているだけで、見終わった後で後悔してしまう程の内容でした。「着信アリ」はハリウッドで「One Missed Call」としてリメイクされたようですが、「ハリウッド版「着信アリ」が5位 米で「Jホラー」人気」とある一方で、「「着信アリ」のハリウッド版リメイク、ふるわず」というのもあり、ここの絵をみる限りは思いっきり外しているような気がします。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

 かみさんの誕生日プレゼントとしてamaonに予約していた「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド コレクターズ・セット」が届きました。想定外にでかくてびっくりしたのですが、よく見てみると色々おまけがついていてスペシャルエディションの倍以上の定価だったわけで当然といえば当然でした。娘達のテストがあったりしてこの週末に見ることは出来なさそうです。

映画三昧

 最近NHK BS2での衛星映画劇場にはまってしまっています。「パリの恋人」、「個人教授」(これはかみさんだけ見てました)、「小さな恋のメロディ」、「プリティプリンセス」を毎日見ています。内容もさることながら終わってからのシネマレビューでおやじ2人の解説も結構楽しみです。次は「猿の惑星」シリーズだということですが、まともに見てしまうと大変なのでどうしようかと思ってます。

トランスフォーマー

 今日は映画が1,000円で見られる日だということで、「トランスフォーマー」をわざわざイオン高岡まで行って見てきました。予告編で見た限りでは金属生命体が地球を攻めてきているだけの内容に思え、オリジナルの「正義のサイバトロン、悪のデストロンが地球で戦う」という設定を無くしてしまっているかのようで、金属生命体だけを持ってきて違う話として作ってしまった気がしていました。実際に見てみるとそうでは無かったので安心しましたが、144分という上映時間はちょっと長すぎです。コーラを飲んだこともありますが、おかげで1時間半近く尿意と戦いながら最後まで見る羽目になってしまいました。内容としてはあまり長さを感じさせずに楽しめましたが…。
 朝一番(9:45)の上映だったので9:30頃にイオン高岡に着いたのですが、専門店街は10時からということで、ジャスコ南入り口から入って2階にあがっても映画館(TOHOプレックス)には行けませんでした。いったん南入口から外に出て映画館の方に回ってみると専門店街南入り口は10時にならないと開かないことになっていて、さらに建物をぐるっと周り専門店街北入口からやっと入ることが出来、10分近くイオン高岡の周りを歩くことになってしまいました。最初にジャスコ北入口の方から外に出たら大回りすることは無かったのですが、それぞれの入り口に「10時前に映画館に入るには専門店街北入口から」というような案内をきちんとわかりやすく掲示して欲しいものです。

夜のピクニック

 先週末のTSUTAYA旧作100円セールで借りていた、以前から見たかった「夜のピクニック」を見ました。某高校の80kmを24時間かけて歩くという行事を題材にしたものですが、自分の高校でも十里競歩といって、深夜の12時に学校を出発し40kmを走る(歩く)という行事があったことから、この映画を見てその当時の思いに浸ることが出来ました。男子は12時に学校を出発し、女子は2時に中間位置(20km地点)から出発して、女子の出発に間に合うように走る男子や、途中で女子と合流しそのままゴールまで歩くペアやいろいろでした。もう28年前のことです。十里競歩をgoogleで検索してみたらここここここあたりにありました。