「映画・ビデオ・DVD」カテゴリーアーカイブ

感染

 BS-iで「感染」をやっていたので見てみました。ずっと嫌な感じが続き、最後も「ちょっと…」という感じで終わってしまい、どうにも後味が良くない映画でした。予告編につられて映画館で見なくて良かったという感じです。

寅さん

 今週、NHK-BS2で「男はつらいよ」アンコール特集をやっています。で、若いときに見たものでも今の年で見るとまた違った感じ方があり、月曜日から毎日楽しく見ています。後は、明日と土曜日にあるようなのですが、今日やっていた「寅次郎相合い傘」が寅さんシリーズの中でも一番のお気に入りかもしれません。

THE 有頂天ホテル

 かみさんは「男たちの大和/YAMATO」を、自分と娘2号は「THE 有頂天ホテル」を見ました。公開初日と言うことで結構入っていましたが、前の指定席にカップルが座り、男が座高が高くなおかつ女の方に寄っているために完全に視界の邪魔となりました。運良く隣の席が空いていたので本編開始直前にそちらに席を移り事なきを得ました。映画自体はなかなか面白く、後から気がついたのですが、上映時間2時間10分をリアルタイムに物語が進行していくという展開でした。しいて言えば、あえて映画館の大画面で見なくても十分に楽しめるものでした。
 「大和」の方が30分ほど遅れて終わるので、かみさんが出てくるまで待ち、13時過ぎてから「サイゼリア」に寄って昼食をとりました。5分程待つことになってのですが、店員の対応がすばらしく、良い感じで食事を頂くことが出来ました。

ハリポタ

 ファボーレまで「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を見に行きました。娘達は既にそれぞれ友達と見てきていたので、親二人が映画を見て、娘達はその間自由行動というパターンとなりました。原作を読んだのはだいぶ前だったため先の展開を忘れており、逆にそれなりに楽しむことが出来ました。娘達のハリポタ熱も冷めてしまっているため、最新作の「不死鳥の騎士団」はまだ読んでないのですが、それが上映されるまでに読むことになるのかどうかも怪しいところです。

キングコング

 かみさんがどうしても見たいということで、キングコングを見に行きました。シアター大都会では、既に上映回数が少なくなっていて、14:10からのを見に行ったところ、結構人が並んでいました。久しぶりに観客が多い所での映画鑑賞となりました。宿直明けの体にとってはキングコングが登場するまでは途中気を失いかけたりしたのですが、キングコング登場後はそんなこともなく、最後まで見入ることになりました。

ブラザーズ・グリム

 娘1号は模試で高校に行き、娘2号も来週の試験の勉強があるということで、かみさんと二人でブラザーズ・グリムを見てきました。テリー・ギリアム監督と言うことで期待と不安を抱きながら見たのですが、ちょっとどうかな、という感じでした。色んな童話が盛り込まれているのですが、それがストーリーと絡み合っているかというとそうでも無いし、伏線らしき洞窟内の壁画がたいした意味も無かったり(本当は意味を持っていたのかも知れないが…)で、これだったらコープスブライドの方にすれば良かったように思いました。

チャングムの誓い 最終話

 「チャングムの誓い」最終話。本来ならば「1年前にこのシーンがあったなぁ」と思う場面が、ついこの間見たシーンになってしまっていたり、チャングムが最後の最後までやりたかったのは開腹手術だったんかい、という突っ込みどころがありましたが、とりあえずはお話が完結したということでめでたしめでたしです。

ステルス

 仕事が終わった後で、シアター大都会でステルスを見てきました。かみさんが500円で北陸ろうきんチャリティーイベントの鑑賞券を手に入れたのですが、体調不良と言うことで、替わりに見に行くことになったわけです。駐車場に入ってみると、平日の夜だというのに車がたくさんあり、不思議に思ったのですが、このイベントではシアター大都会を借り切って5つの映画を500円で見てもらおうと言うことらしく、館内は満杯状態でした。18:30から北陸ろうきんの人のご挨拶があり、その後抽選(ポスター、映画グッズ、招待券)があって18:45になってやっと映画が始まりました。最初に「エンドロールの後に映像があるので最後まで見ましょう」などとあったので、ほとんどの人が最後まで席を立たずに居たのですが、エンドロールが終わって映像が流れた瞬間、落胆の声がちらほらと…。あんなのは前触れせずに最後まで見た人へのおまけという感じにすればいいのにと思ってしまいました。映画としては、「トップガン」の頃の空中戦シーンと比べればものすごい感じになっているのですが、全体的に今ひとつかな、といったところです。