「映画・ビデオ・DVD」カテゴリーアーカイブ

インドムービーフェス

 黒部のコラーレインドムービーフェスがあると言うので娘1号と3人で行って来ました。先着250名という事でかみさんと娘1号は心配していたようですが、どう考えても250名も来るとは思えません。着いたのは9時20分頃でしたが開場待ちしている人は10人もいませんでした。受け付けで名前と電話番号を書いて渡すと、缶バッジとオリンピックのバッジが貰えました。黒部市がインドのアーチェリーチームのホストタウンだと言うことで今回のイベントが開催されたわけですが、コロナのせいで微妙な感じになってしまっています。ピンバッジはアーチェリーのデザインでしたが、インドチームのロゴだったらもっと良かったのにとかみさん&娘1号の感想です。午前は「バーフバリ 王の凱旋」で午後は「きっと、うまくいく」の2本立てでしたが、午後の方が多かったのは映画の内容よりも時間帯のせいだったのだろうと思います。午前の部が終わってロビーに出た時に娘1号がテレビカメラにつかまってインタビューを受けていました。てっきりローカルのケーブルテレビかと思ってみていましたが、NHKだったようです。その後で、自分がトイレに向かおうとしてカメラの後ろを通り過ぎようとしたところ声をかけられましたが、トイレに急いでいたのでお断りしました。
 午後の部が終わったのは17時過ぎで、スーパープラント黒部店で買い物をしてから家に向かいました。

記念撮影ブース

バッジ

「きっと、うまくいく」


エリート大学を舞台に、3人の学生が巻き起こす珍騒動を描くヒューマンコメディ。出演は『ラガーン』のアーミル・カーン、「ラ・ワン」のカリーナー・カプール。2010年インドアカデミー賞で作品賞・監督賞など16部門受賞。インド映画の都ボリウッド製作の作品をまとめて上映する“ボリウッド4 ザッツ☆エンターテインドメント!”で上映される一作。

情報源: きっと、うまくいく|MOVIE WALKER PRESS

 インドムービーフェスタの第二部は「きっと、うまくいく」。前に見た記憶があったのですが、娘1号が持っているBlu-rayで見ていたようです。前に座っている女性(第一部とは違う人)は結構反応してくすくす笑ったりしていましたが、本来なら控えることなくもっと会場内に笑いが出ても良かったのが残念なところです。初見では無かったので次の展開がわかってはいたはずなのですが、ハラハラドキドキ感動してしまっていました。

「バーフバリ 王の凱旋」


2016年にインド映画史上最高の興行収入を記録した「バーフバリ 伝説誕生」の続編となる歴史アクション。遥か昔に栄えたマヒシュマティ王国。自分が伝説の英雄バーフバリの息子だと知ったシヴドゥは、父の命を奪った暴君バラーラデーヴァに戦いを挑む。主演はインドで数々の映画に出演してきたプラバース。本作では主人公とその父の二役を演じている。

情報源: バーフバリ 王の凱旋|MOVIE WALKER PRESS

 コラーレのインドムービーフェスタの第一部は「バーフバリ 王の凱旋」。かみさんと娘1号は数え切れないほど見たとは思いますが、自分はまだ数回程度だったはずです。完全版を見ていたのでここであのシーンがと思ったところが無かったりとかして、あっさりと終わってしまったような気もします。今日の会場に来た人たちは「伝説誕生」を見たことの無い人も多かったと思うのですが、ちょっとわかりにくかったかも知れません。自分の前の列で右側に座っている女性は途中で何度もスマホの画面を見たり、ハンカチを直したり、前の席の背もたれにもたれかかったりして否が応でも視界に入って来てしまうのでうんざりしていたのですが、途中から席を立って戻ってくることがなかったのが救いでした。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」


タイムマシーンで、未来、現在、過去を旅する少年と彼の親友である博士の冒険を描くアドベンチャー・シリーズの完結編。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグとフランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ、製作はボブ・ゲイルとニール・カントン、監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」のロバート・ゼメキス。ゼメキスとゲイルのストーリーを基に、脚本はゲイル、撮影はディーン・カンディ、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はマイケル・J・フオックス、クリストファー・ロイドほか。日本版字幕は戸田奈津子。カラー、ビスタサイズ。ドルビーステレオ。1990年作品。

情報源: バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3|MOVIE WALKER PRESS

 BSPでやってたので「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」を見ました。PART1はこの間ほとり座で見ましたが、PART2を飛ばしてのPART3となりました。クリント・イーストウッドを名乗ってましたが、最後の決闘のシーンはクリント・イーストウッドの荒野の用心棒のオマージュだったことを理解しました。

「ブックセラーズ」


世界最大規模のNYブックフェアの裏側から、本を愛する人々の世界を紐解くドキュメンタリー。老舗書店員やブックディーラー、コレクターらへのインタビューを交え、オルコットが偽名で書いたパルプ小説などの希少本を多数紹介。書籍文化の現状と未来を見つめる。出演は、NY派の作家フラン・レボウィッツ。製作総指揮、及びナレーションを「カフェ・ソサエティ」などのパーカー・ポージーが務める。

情報源: ブックセラーズ|MOVIE WALKER PRESS

 ほとり座で「ブックセラーズ」。古本屋さんの物語かと思ってましたが、だいぶ違っていたので結構な部分を飛ばし見してしまいました。というわけで、99分の映画ですが体感は30分くらいでした。もう自分1人でも1300円になりますが、夫婦50割の方がひとり1200円とまだ割安です。

「ザ・キングダム 伝説の騎士と魔法の王国」

アーサー王とその助言者だった魔法使いマーリンが繰り広げたとされる冒険は、映画「エクスカリバー(1981)」やTV「魔術師マーリン」など多数の作品で題材になってきたが、本作はアーサー王の妻グィネヴィアをめぐってアーサー王とその息子モルドレッドが三角関係を繰り広げたという説に基づくアクションファンタジー。とはいえファンタジーの要素は少なめで、王であり続ける自信を失いがちなアーサー王の苦悩を中心に、リアルな愛憎劇が展開する、大人向け娯楽編となっている。WOWOWの放送が日本初公開。

情報源: ザ・キングダム 伝説の騎士と魔法の王国 | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「ザ・キングダム 伝説の騎士と魔法の王国」。アーサー王の物語ですが、そもそもアーサー王伝説や円卓の騎士をあまり良く知らないので、何の思い入れもなく見続けることになり、いったいいつになったら面白くなるのかと思いながら終わってしまいました。

「ホワイトナイツ 白夜」

芸術の自由を求めて祖国を捨てたソ連の青年と、自国の政策に抵抗してソ連に亡命したアメリカの青年の友情を描く。製作はテイラー・ハックフォードとウィリアム・S・ギルモア、監督は「カリブの熱い夜」のテイラー・ハックフォード、脚本はジェームズ・ゴールドマンとエリック・ヒューズ。撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はミシェル・コロンビエ、美術はフィリップ・ハリソンが担当。なお、ライオネル・リッチーが歌った主題歌「セイ・ユー・セイ・ミー」がアカデミー賞主題歌賞を受賞した。出演はミハイル・バリシニコフ、グレゴリー・ハインズ、イザベラ・ロッセリーニなど。

情報源: ホワイトナイツ 白夜|MOVIE WALKER PRESS

 かみさんがDVDを買った「ホワイトナイツ 白夜」。1985年の映画で「セイ・ユー・セイ・ミー」があまりにも有名なのですが、これまで見たことはありませんでした。初っ端のバレエのシーンは意味は良くわからないものの凄そうに見えました。主題歌の「セイ・ユー・セイ・ミー」は最後の最後まで流れずいつになったら流れるのかと思いながら見ていましたが、ミハイル・バリシニコフとグレゴリー・ハインズが2人並んで同じ振り付けのダンスは圧巻でした。イザベラ・ロッセリーニはイングリッド・バーグマンの娘と言うことでしたが、ちょくちょくベッキーのように見えました。