「映画・ビデオ・DVD」カテゴリーアーカイブ

「15時17分、パリ行き」


巨匠、クリント・イーストウッド監督が、2015年に起きた実在の事件を緊迫感たっぷりに描き出すサスペンス。列車内で銃を発砲したイスラム過激派の男から乗客を守ろうとした3人のアメリカ人の物語を、事件の当事者である本人をそのままキャスティングして映画化。実際の乗客も数多く参加したほか、事件が起きた場所でも撮影を敢行した。

情報源: 15時17分、パリ行き| 映画-Movie Walker

 レンタルしてきた「15時17分、パリ行き」を見ました。かみさんが本人が出ているとか言うので、乗客とかのエキストラで出ているのだろうと思っていたら、まさかの主人公までご本人でした。確かにそれを知ったらどこかぎこちない部分もあったなと思えましたが、普通に有名どころでは無い役者さんを使っただけのように感じていました。途中なぜか観光映画っぽくなってきているのはイーストウッドの映画にしては不思議な気もしましたが、おそらく脚色のほとんどないドキュメンタリー的な作りにしたかったのだろうかと素人は感じました。

「恋しくて」

恋する思いを彼につたえられない高校生の女の子の青春を描く。製作と脚本はジョン・ヒューズ、監督は「プリティ・イン・ピンク」のハワード・ドイッチ、エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・チニック、ロナルド・コルビー、撮影はジャン・キーサー、音楽はスティーブン・ハギュー、ジョン・ミューサーが担当。出演はエリック・ストルツ、メアリー・スチュアート・マスターソン、リー・トンプソンほか。

情報源: 恋しくて(1987) | 映画-Movie Walker

 買い置きのDVDで「恋しくて」を見ました。「プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角」でモリー・リングウォルドにエンディングを変えられてしまってこの映画として作り直したとか言う話だったかと。もう何度も見ていますが、今回はワッツのセリフに注目しながら見てました。

「フレディVSジェイソン」


アメリカの人気ホラー・シリーズ「エルム街の悪夢」と、「13日の金曜日」の看板キャラが対決! “最恐”の座を競う両者の攻防戦をスリリングに描いた全米大ヒット作だ。

情報源: フレディVSジェイソン| 映画-Movie Walker

 台風のおかげで早く帰ってきたので、WOWOW撮り溜めシリーズで「フレディVSジェイソン」を見ました。もともとエルム街の悪夢もコメディ的な部分もありましたが、無言のジェイソンと口八丁のフレディの対決はお互いのホームグラウンドでの勝負とかなかなか見所のある展開でした。

「ストリート・オブ・ファイヤー」デジタルリマスター版

ストリート・ギャングに誘拐されたかつての恋人を救うために故郷に帰ってきたヒーローの活躍を描く。製作はローレンス・ゴードンとジョエル・シルヴァー。エグゼクティヴ・プロデューサーはジーン・レヴィ。監督は「48時間」のウォルター・ヒル。脚本はヒルとラリー・グロス、撮影はアンドリュー・ラズロ、音楽はライ・クーダー、プロダクション・デザイナーはジョン・ヴァロン、編集はフリーマン・デイヴィスとマイケル・リップス、衣裳はマリリン・ヴァンス、振付はジェフリー・ホーナディが担当。出演はマイケル・パレ、ダイアン・レイン、リック・モラニス、エイミー・マディガン、ウィレム・デフォー、デボラ・ヴァン・ヴァルケンバーグなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1984年作品。2018年7月21日よりデジタル・リマスター版が順次公開(配給:コピアポア・フィルム)。

情報源: ストリート・オブ・ファイヤー | 映画-Movie Walker

 シネモンドで「ストリート・オブ・ファイヤー」デジタルリマスター版。公開時に映画館で見たような記憶は無いので、たぶんレンタルビデオで見たのだと思いますが、「フットルース」や「フラッシュダンス」のように音楽と映像が一体化して心に残る映画のひとつです。パンフレットの代わりに裏面に解説の書かれたポスターが全員に(家族に1枚)渡されました。

「沖縄スパイ戦史」


第二次大戦末期の沖縄戦で、日本軍の特務機関・陸軍中野学校が関わった“秘密戦”に迫るドキュメンタリー。1944年晩夏。42名の陸軍中野学校出身者が沖縄に渡り、身分を隠し各地に潜伏。まだ10代半ばの少年たちを“護郷隊”として組織し、アメリカ軍を翻弄する。監督は「標的の村」の三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた大矢英代。撮影を三上監督の「戦場ぬ止み」「標的の島 風かたか」でもタッグを組んだ平田守、音楽をエレクトリック・ヴァイオリン奏者の勝井祐二が担当する。2018年7月21日より沖縄・桜坂劇場にて先行公開。

情報源: 沖縄スパイ戦史| 映画-Movie Walker

 金沢シネモンド「沖縄スパイ戦史」。もともとそういう映画だったのだろうから仕方が無いとは思いますが、明らかになった事実を淡々と表現してくれてれば良かったのに、最後の方で「特定機密法」やら「八重山諸島への自衛隊基地」云々言い出したので残念です。

「フランス特殊部隊RAID」

警察特殊部隊の入隊を目指す警官たちが訓練中、次々と騒動を起こしたり事件に巻き込まれたりすることから、米国の「ポリスアカデミー」シリーズを連想させる爆笑編だ。ただし本作では、いちばん暴走するのが女性の主人公ジョアナであるのがユーモラスかつ新鮮。ベタなギャグの連発に加え、派手なアクション、ロマンスもあり、多くの観客に対して間口が広い痛快娯楽作といえよう。ヒロイン役は「バツイチは恋のはじまり」のA・ポル。ウジェーヌ役の男優D・ブーンが監督も兼任。WOWOWの放送が日本初公開。

情報源: WOWOW

 WOWOW撮り溜めシリーズで「フランス特殊部隊RAID」を見ました。確かにポリアカを思わせるような展開ですが、舞台がフランスなのでピンクパンサーのクルーゾー警部の方が近いかも知れません。途中で見るのをやめてもよさそうな気もしましたが、とりあえずは最後まで見てそれなりに見ていられました。

「カメラを止めるな!」


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018ゆうばりファンタランド大賞を受賞したサバイバル・コメディ。山奥の廃墟に来た自主映画クルーはゾンビ映画の撮影を開始。やがて本物のゾンビが現れクルーを襲撃しても、監督は嬉々として撮影を続行するが……。ワンシーン・ワンカットで描かれる思わぬ事態に直面する撮影隊の様子と、その裏側をコミカルに描写。監督・俳優養成スクールENBUゼミナール主催のシネマプロジェクト第7弾として制作された。監督はオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」内の1編「猫まんま」を手がけた上田慎一郎。劇中内の作品「ワン カット オブ ザ デッド」は、ゆうばり叛逆映画祭2018特殊効果賞、優秀作品賞を受賞した。2017年11月4日より開催されたイベント上映を経て、2018年6月23日より劇場公開。2018年8月3日より全国拡大ロードショー(配給:アスミック・エース=ENBUゼミナール)。

情報源: カメラを止めるな!| 映画-Movie Walker

 巷で評判の「カメラを止めるな!」をファボーレまで行って見てきました。始まってしばらくはなんでこんなのが評判が良いのか理解に苦しむ状況でしたが、後半に入ってからは加速度的に面白くなってきました。映画館内であれだけ笑いが巻き起こったのは随分と久しぶりのような気がします。

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」


スゴ腕エージェント、イーサン・ハントの活躍を描く、トム・クルーズ主演の大人気スパイ・アクションシリーズ第6弾。何者かに盗まれたプルトニウムによる同時核爆発を未然に防ぐというミッションに、イーサンとIMFのチームが挑む。前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』に引き続き、クリストファー・マッカリーが監督を務める。

情報源: ミッション:インポッシブル/フォールアウト| 映画-Movie Walker

 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」を観て来ました。多分スタントだと思いますが、トムクルーズが元気すぎです。このシリーズは初期の頃はあまり見ようとは思わずに映画館で見ることは無く前作を初めて映画館で見たのですが、1作目から続けて見ていればもっと色々と感情移入出来ることが出来たのかもしれません。

「フレンチ・ラン」


CIA捜査官とスリのはみ出し者コンビをイドリス・エルバとリチャード・マッデンが演じるバディ・アクション。パリ市街で爆弾テロが発生。一時嫌疑をかけられたマイケルのスリの腕前を見込んだCIA捜査官ブライアーは、彼に協力を持ち掛け、真犯人を追う。大規模テロを防ぐためパリを駆け巡る二人を、「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」のジェームズ・ワトキンス監督が描く。

情報源: フレンチ・ラン| 映画-Movie Walker

 二日続けてWOWOW撮り溜めシリーズ。今日は「フレンチ・ラン」を見ました。昨日見た「ボン・ボヤージュ〜家族旅行は大暴走〜」の主人公の役者さんが出てました。CIA捜査官と誰かがコンビを組んで事件を解決と言うのは結構あるパターンだとは思いますが、なかなか面白く見ることが出来ました。フランス映画は警察官が腐敗していると言うのはお決まりの設定なのでしょう。

「ボン・ボヤージュ〜家族旅行は大暴走〜」


制御不能になった車の中という密室で繰り広げられる騒動を描き、本国フランスで大ヒットを記録したコメディ。楽しいはずのバカンスに出かけた一家が、車の故障で度重なるトラブルに見舞われた挙句、家族の危機を迎える姿がつづられる。監督はハイテンションなコメディ『世界の果てまでヒャッハー!』で人気を博した二コラ・ブナム。

情報源: ボン・ボヤージュ〜家族旅行は大暴走〜| 映画-Movie Walker

 WOWOW撮り溜めシリーズで「ボン・ボヤージュ〜家族旅行は大暴走〜」を見ました。いきなりロバート・ダウニーjrが出てきたと思ったら、ちょっとだけ似てたフランスの俳優さんでした。ちょうど娘2号の車でクルーズコントロールは高速道路で便利だという話をしていたところなので、ちょっと笑えない部分もあったりします。クルーズコントロール程度ではこんな事態にはならないとは思いますが、自動運転が主流になってきた時にはあり得そうな話です。それにしてもフランス人の感性にはちょっと付いていけないところです。