「日記・コラム・つぶやき」カテゴリーアーカイブ

新型コロナワクチン

 新型コロナワクチンの先行接種が進み、来月からは医療従事者への接種も始まる予定です。筋注の方が痛く無いと言うことなのですが、これまで海外の接種映像ではちゃっと針を刺してささっと抜いてお終いだったのに、最近見た先行接種の映像で針を抜いた後で出血しているのを見てしまい多少びびっています。

固定資産税

 今年度4回目の固定資産税を納付しました。昔と比べたらコンビニで納付できるのでだいぶ便利になりましたが、自動車税がPayPay残高支払いが出来るようになったので、固定資産税もPayPayで納付できるようにならないものかと思います。調べてみたら、県内の他の市町村では固定資産税をPayPay請求書払いが出来るのに、富山市は出来ないと言うことのようです。

「ミイラ展」

ミイラには多くの人々を惹きつける力があり、その根源にあるものは、遠い昔に亡くなった人の「姿」がそのまま残っていることに対する驚きではないでしょうか?また、昨今の科学技術の進歩によって、ミイラから引き出すことのできる情報も飛躍的に多くなり、学問的な関心も高まっています。 本展は自然にミイラとなったものから人工的につくられたミイラまで、南米、エジプト、ヨーロッパ、オセアニア、日本からミイラ43体を副葬品も交えて展示。最新科学によって明らかになったミイラの実像、ミイラの文化的・学術的価値、そして人類がもつ多様な死生観と身体観を紹介する、これまでにないミイラを科学する展覧会です。

情報源: イベント情報|公益財団法人 富山県文化振興財団 富山県民会館

 県民会館でやっている「ミイラ展」を見に行きました。新型コロナ対策で、自分でもぎりして切った半券を窓口のトレーに置くパターンになっていました。かみさんたちは東京でも見て来たのですが、その時には人と人の隙間から覗くような感じだったようで、ここではしっかりと説明文も読むことが出来、地方開催のメリットを感じさせられます。43体のミイラがあったようですが、一番印象に残るのはやはり即身仏「弘智法印 宥貞(こうちほういん ゆうてい)」さんです。

入り口ポスター

フォトコーナー

大雪

 予報通りに大雪となりました。職場の駐車場では車を動かす前に屋根・ボンネットに積もった雪を落とすのに時間がかかりました。帰りの道は素直に真っ直ぐ進めば良かったものを、欲を出していつもの道に曲がり除雪されていない道を通る羽目になってしまいました。帰宅してフロントを確認するとヘッドライト部分に着雪しています。LEDライトだと発熱が少ないのでヘッドライトを点けていても雪が解けずにくっついてしまいそのうちにヘッドライトが暗くなってしまいます。

タイヤの半分まで積雪

ヘッドランプへの着雪