「プロレス・大相撲・格闘技」カテゴリーアーカイブ

大相撲七月場所千秋楽

 大相撲七月場所の千秋楽。結びの一番は9年ぶりの全勝対決。昨日正代に対して奇襲を仕掛けた白鵬でしたが、今日も左手を出しての右肘を繰り出しました。それでも怯むことはなかった照ノ富士でしたが、白鵬の張り手に対してムキになって対応してしまったのが仇となり白鵬有利の態勢になってしまい、最後は強引な小手投げに屈してしまいました。白鵬を全勝対決で破っての3連覇で照ノ富士の横綱昇進となった方がもっと盛り上がっていたのでしょうが、あそこまでして勝ちたかったと言う白鵬の執念と客席の家族の姿を見ると、この結果もそれはそれで良かったと思うしかありません。

大相撲七月場所九日目

 大相撲七月場所の九日目。白鵬と照ノ富士はあぶなげなく全勝街道まっしぐらで、1敗はいなくて2敗は平幕の琴ノ若と一山本という事で、順当にこの二人の優勝争いとなっています。前からそうでしたが、観客の数を絞っていることで足を投げ出して観戦している客が多くてちょっと見苦しい気がします。

大相撲七月場所七日目

 大相撲七月場所の七日目。初日は危うかった白鵬も、土俵に上がっているうちに勘を取り戻したのか7連勝です。照ノ富士も順調に7連勝。最終的にはこの二人の千秋楽全勝対決で照ノ富士の3連続優勝となって横綱昇進となる予想です。東京場所でしか見られないと思っていた溜席の妖精さんが名古屋でも姿を見せてくれました。確かに週末ならば名古屋まで遠征するのはそれほど手間では無いのでしょう。

大相撲五月場所千秋楽

 大相撲五月場所の千秋楽。昨日遠藤に土をつけられた照ノ富士が2敗となり、貴景勝と遠藤が3敗の1敗差になってました。結び前で遠藤が正代に敗れてしまい巴戦の決定戦はなくなりましたが、結びで貴景勝が照ノ富士を破って決定戦となってしまいました。これまで決定戦全敗の照ノ富士でしたが、ここは落ち着いた相撲で優勝を決めてくれました。大関で連続優勝すれば横綱昇進は間違いないわけで、このまま照ノ富士に横綱になってもらいたいものです。ただ、来場所で白鵬に引導を渡してからの横綱昇進が望ましいし、もし横綱になったとしてもそれからどれくらいの場所横綱を勤められるかが問題です。本人もこれから先の相撲人生が長く無いだろうと考えているようで、本当になるべく早く横綱に昇進して貰いたいと思います。