「ガジェット」カテゴリーアーカイブ

FlashAirアプリ

 純正のFlashAirアプリを試してみましたが、位置情報を付加できないようなので断念。位置情報付加できればiOS版もあるので無駄にAndroid機経由する必要はなかったのですが残念です。ただ、これまでAndroid機からOneDriveにアップロードしてからiMacにダウンロードしたいたのですが、直接bluetoothでAndroid→iMacと転送することが出来ることを気づいたのが救いかも知れません。

FlashAir導入

 EOS kiss X7にEye-Fiカードを入れて撮影後にAndroid機(SO-02G)に転送して位置情報を追加し、SO-02GからOneDriveにアップロード後、Macにダウンロードして管理していました。既にEye-Fiカードのサポートが終了し、新しいAndroid機(PalmPhone)にEye-FiアプリをインストールしてもEye-Fiカードに接続することが出来なくなっていました。と言うことでしばらくどうしようかと考えていましたが、Eye-Fiカードの機能を継承してくれたというFlashAirを導入することにしました。Amazonから届いたFlashAir(並行輸入品)をX7のEye-Fiカードと挿し替え、以前Eye-Fiカードで使えないかPalmPhoneで試したkeenaiアプリでFlashAirカードと接続。keenaiアプリでも位置情報を追加することが出来るようなので、これまでのEye-Fiカードで出来ていたことが置き換えることが出来そうです。

2台目Omna180CamHD

 eBayで注文した2台目のOmna180CamHDが届きました。もうちょっと届くまで時間がかかるかと思っていましたが、ちょうど1週間で届いたことになります。タイトルに”NEW”とあったので新品だと思っていましたが、箱を開けてみたらビニール袋から取り出されている中古品でした。それでも今eBayに出ている同じ品よりも安かったので問題ありません。最初の登録に少し手間取りましたが、リセットしたり少しだけ時間をおいたら登録でき、ファームウェアのアップデートとMicroSDカードを差し込んだりで、無事ホームアプリに2台分の画面が表示されるようになりました。