ノーベル物理学賞


スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2021年のノーベル物理学賞を、地球の気候変動予測の道を開いた真鍋 淑郎しゅくろう ・米プリンストン大上席研究員(90)らに授与すると発表した。高性能のコンピューターを駆使し、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスが、地球規模の気候変動に与える影響などを予測した先駆的な研究が評価された。

情報源: ノーベル物理学賞に真鍋淑郎氏…温室効果ガスが気候変動に与える影響などを予測 : 科学・IT : ニュース

医学生理学賞ではmRNAワクチンじゃなかったと少しだけがっかりしてましたが、物理学賞は気候変動予測で真鍋さんが選ばれました。また日本人が連続受賞とか浮かれる人たちも多いのでしょうが、これから先しばらくしたら日本人が受賞することは無くなってしまうのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です