(3)「本当のものを見るのは心の目」 – アンという名の少女2


モンゴメリの不朽の名作『赤毛のアン』をドラマ化。シーズン2。アンは村での金発見騒動と似た出来事が過去にあったと知り、事件を知る新聞記者から詳しい話を聞くことに。
金の採掘事業への投資を決めたダイアナの父が家族と町へ行くことになり、アンも一緒に連れて行ってもらう。ダイアナの親戚ジョセフィンは、村での金発見騒動を疑い心配していることをアンとダイアナに話す。10年ほど前にほかの村で似た騒動があったが金はなく、その一部始終が新聞記事になっていたという。アンたちは翌日、記事を書いた記者に詳しい話を聞かせてもらう。一方、村ではマリラが下宿人たちへの不信感を強めていた。

情報源: (3)「本当のものを見るのは心の目」 – アンという名の少女2

 今週のアンという名の少女2は(3)「本当のものを見るのは心の目」。せっかくアンが過去の金発見騒動を知ったのですが、言うことを聞かない子供の戯言だとダイアナの母に聞いてもらえず、詐欺師に大金が渡るのを阻止できませんでした。マシューが助けを呼びに行って馬で追いかけ、とっ捕まえてハッピーエンドかと思いきや、大金を取り返せませんでした。これで金騒動が終わるのかと思ったのですが、ギルバートに届いたアンの手紙でもう一波乱あるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です