(1)「青春は希望の季節」 – アンという名の少女2


モンゴメリの不朽の名作『赤毛のアン』をドラマ化。シーズン2。アンは家に迎え入れた下宿人2人に興味津々。だが、実は2人は村人をだまそうとたくらむ悪人だった。 マリラとマシューは、借金返済のために2人の下宿人を迎え入れていた。1人は地質学者のネイトで、仕事でアヴォンリーの村の土地を採掘しており、アンは興味津々で質問攻めにする。だが、実は下宿人たちは村人から金銭をだまし取ろうとたくらんでいる悪人だった。やがて、ネイトが村の土地から金が出ると言い出す。村を出たギルバートは、蒸気船で働いていた。そこでトリニダード出身の仕事仲間セバスチャンと仲良くなる。

情報源: (1)「青春は希望の季節」 – アンという名の少女2

 NHKで「アンという名の少女」のシーズン2が始まりました。第一話は「青春は希望の季節」です。シーズン1の最後で登場した下宿人2人は馬を売りに行った時にジェリーに乱暴してお金を奪った悪人達だったわけですが、盗人ではなく詐欺師だったようです。善良なアヴォンリーの人たちは見事に騙されてましたが、どんな結末になるのでしょうか。好奇心は時には悪い結果をもたらすと言う教訓を示しているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です