(70)「カーテン〜ポワロ最後の事件〜」 – 名探偵ポワロ


【アガサ・クリスティー原作の人気シリーズ最終章】 ポワロ最後の事件。その舞台は「スタイルズ荘」。ポワロが初めて手がけた殺人事件が起きた場所だった。 ポワロは親友のヘイスティングス大尉をスタイルズ荘に呼び出す。ここは、かつて2人が初めて一緒に解決した殺人事件の舞台となった屋敷だが、今はゲストハウスになっていた。ヘイスティングスは再会したポワロのやつれた車椅子姿に驚く。ポワロは「ここが再び殺人現場になるが標的は不明だ」とヘイスティングスに告げ、動けない自分の代わりに情報収集をしてほしいと頼む。

情報源: (70)「カーテン〜ポワロ最後の事件〜」 – 名探偵ポワロ

最終回の名探偵ポワロは「カーテン〜ポワロ最後の事件〜」。絶対前に見ていたはずなのですが、ほとんど覚えていませんでした。前回の「ヘラクレスの難業」は結構覚えていたのに不思議です。今回はヘイスティングス大尉が登場でしたが、「ビッグフォー」の時のようにミス・レモンやジャップ警部は出て来ませんでした。いくら人に殺意を抱かせる事が出来る能力があったとしても、人はそれを実行するかと言うのは安易な設定だと言わざるを得ないと思います。来週からは「刑事コロンボ」がまた始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です