卓球女子シングルス3位決定戦


卓球女子シングルス3位決定戦が行われ、混合ダブルス金メダルの伊藤美誠(20=スターツ)が準々決勝で石川佳純(28=全農)を下したモンユ・ユ(31=シンガポール)と対戦し、4―1で銅メダル。伊藤は日本女子初となるシングルスでメダル、複数メダルを獲得した。

情報源: 伊藤美誠、卓球女子初のシングルス銅メダル&複数メダル 卓球女子で同一大会複数メダルは過去に16人(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

 卓球女子シングルス3位決定戦。第1ゲームは落としたもののそれから4ゲーム連取で伊藤美誠選手が日本女子初となるシングルスで銅メダルを獲得しました。その前の準決勝では中国の同年代ライバルの孫穎莎選手に0-4と敗れてしまいましたが、中国の本気度が伝わってきました。その孫穎莎選手も決勝では中国の陳夢選手に2-4で敗れており、中国の壁がまだまだ高いことを思い知らされました。この2人はおそらく3年後のパリ五輪でも伊藤美誠選手の前に立ちはだかると思われ、ここを乗り越えることが出来るのか、楽しみは先に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です