ソフトボール決勝


東京五輪のソフトボール日本代表が悲願の金メダルを獲得した。27日、横浜スタジアムで行われた決勝でアメリカを2-0で破って優勝。金メダルを獲得した2008年の北京五輪以来、13年越しの“連覇”を達成した。

情報源: ソフト日本代表、悲願の金メダル! 上野力投&後藤好救援で米国倒し13年越し“連覇”(Full-Count) – Yahoo!ニュース

 ソフトボール決勝を最終回の表からリアルタイム観戦しました。6回までで2-0とホームラン1本でても大丈夫と言う場面でしたが、さすがに米国相手だと油断はできません。ソフトボール特有のリエントリーというルールで上野投手の再登板となり、しっかりと3人を抑えて13年ぶりの金メダルとなりました。今回の東京大会限りのソフトボール復活と言うことで、次回大会からは復活する見込みはなさそうなので貴重なオリンピック2連覇です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です