卓球混合ダブルス決勝戦


ついに歴史が動いた。東京五輪卓球混合ダブルス決勝(26日、東京体育館)は水谷隼(32=木下グループ)、伊藤美誠(20=スターツ)組は中国の許昕、劉詩雯組を4―3(5―11、7―11、11―8、11―9、11―9、6―11、11―6)で下し、五輪で初となる金メダルを獲得。悲願の「打倒中国」を達成した。

情報源: 日本卓球初の金メダル! 水谷隼、伊藤美誠が “天敵” に逆転初勝利で混合ダブルスV(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 福原愛さんが解説だと言うので卓球混合ダブルス決勝をリアルタイム観戦しました。解説ではなくフジテレビのゲストだったようで、試合前と試合後にコメントするだけでちょっと残念でした。試合自体は最初2ゲームを連取された時にはやはり中国の壁は厚いのかと思ってましたが、その後は盛り返して最終ゲームは連続8得点という中国相手だとは信じられないような勢いで勝利し、日本卓球史上初めてのオリンピックでの金メダルを獲得してくれました。中国の男子選手相手でも対応できると言う伊藤選手はやはり大魔王でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です