東京五輪開会式

 東京五輪の開会式を最初から最後まで生中継で見ました。橋本さんの話の内容は良かったのですが、続くバッハさんも話が長すぎでした。予定では9分のはずが20分だったとか。最後の聖火リレー走者は大坂なおみ選手でしたが、他にもっと最適な人がいたのでは無いかと思ってしまいます。聖火台は富士山のように見えましたが、聖火が点火されたところで富士山が噴火しているように思ったのは自分とかみさんの他にはいなかったのだろうか。天皇陛下の開会宣言の時に小池さん菅さんが途中からあわてて立ち上がってましたが、バッハさんの話が長くて集中力が切れていたのかと思われます。反対側の席の人の様子を見る限りは実はこの時には起立する必要はなかったような感じです。ちなみに横綱土俵入りはありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です