「新生ワクチンは世界を救うのか!? 開発の立て役者・カリコ博士×山中伸弥」


ワクチンは「ゲームチェンジャー」になるのか。変異を続けるコロナウイルスを抑え込むことはできるのか・・・高齢者への接種が始まり、関心が高まる今、私たちが知りたい疑問に答える対談が実現した。パンデミック収束の切り札と期待を集めるmRNAワクチン開発の立て役者でノーベル賞候補の呼び声も高いのが、ハンガリー出身の女性研究者、カタリン・カリコ氏(66)だ。今回のワクチン開発に大きな影響を与えたのが、iPS細胞研究で同じく生物学の常識を書き換えた山中伸弥さんの研究だったという。ワクチンはなぜこれほどの速さで実現し、世界の期待を集めるようになっているのか。パンデミック収束の道筋や人類がいま問われていることとは・・・カリコ氏と山中さん。2人の対談から、「いま知りたいこと」に迫っていく。

情報源: 新生ワクチンは世界を救うのか!? 開発の立て役者・カリコ博士×山中伸弥 – NHK クローズアップ現代+
 普段は見ないのですが、今日はクローズアップ現代+の「新生ワクチンは世界を救うのか!? 開発の立て役者・カリコ博士×山中伸弥」を見ることにしました。これまでの基礎研究の積み重ねがあってこその1年も経たずに新型コロナウイルスに有効なワクチンが世界で使えるようになったわけですが、この辺を理解せずにこの新規ワクチンに対する不安を煽る人たちがいて嫌な気分になります。mRNAワクチンの開発はこの人だけでは無かったと記憶していますが、確実にノーベル賞を貰うことになるはずです。山中先生も驚いていましたが、唾液の中にも抗体が出ているということで、高い感染予防効果も示しているのも納得です。mRNAワクチンの弱点は保管条件が厳しいことなのですが、これがクリアできればもっと手軽に使えるようになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です