「きっと、うまくいく」


エリート大学を舞台に、3人の学生が巻き起こす珍騒動を描くヒューマンコメディ。出演は『ラガーン』のアーミル・カーン、「ラ・ワン」のカリーナー・カプール。2010年インドアカデミー賞で作品賞・監督賞など16部門受賞。インド映画の都ボリウッド製作の作品をまとめて上映する“ボリウッド4 ザッツ☆エンターテインドメント!”で上映される一作。

情報源: きっと、うまくいく|MOVIE WALKER PRESS

 インドムービーフェスタの第二部は「きっと、うまくいく」。前に見た記憶があったのですが、娘1号が持っているBlu-rayで見ていたようです。前に座っている女性(第一部とは違う人)は結構反応してくすくす笑ったりしていましたが、本来なら控えることなくもっと会場内に笑いが出ても良かったのが残念なところです。初見では無かったので次の展開がわかってはいたはずなのですが、ハラハラドキドキ感動してしまっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です