「ハロウィン(2018)」


1978年公開「ハロウィン」のジェイミー・リー・カーティスが引き続き出演、同作の40年後を描くショッキングホラー。1978年に凄惨な事件を起こしたマイケルが精神病棟の輸送車から逃走。先の事件の生き残り・ローリーはマイケルとの対峙を決意する。「ハロウィン」の監督ジョン・カーペンターは製作総指揮と音楽を担当。「パラノーマル・アクティビティ」シリーズや「ゲット・アウト」のジェイソン・ブラムが製作に参加する。監督は「ボストンストロング~ダメな僕だから英雄になれた~」のデヴィッド・ゴードン・グリーン。ブギーマンと呼ばれた男がもたらす神出鬼没の恐怖を活写する。

情報源: ハロウィン|MOVIE WALKER PRESS
 WOWOW撮り溜めシリーズで「ハロウィン(2018)」。1978年の「ハロウィン」の40年後を描く続編ということで、これまでにいろいろとリメイクされたりその続編が作られているようですがそれらとは別の続編らしいです。これまで色々なホラー映画を見て来ていますが、1978年の「ハロウィン」を見たかどうか記憶があやふやになってしまっています。ブギーマンは生身の人間のはずなのですが、その不死身ぶりはどこから来るのか不思議です。最後に実際に死んだ姿を見せなかったと言うことはこれの続編を作る気まんまんなような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です