「ウルフウォーカー」


過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

情報源: ウルフウォーカー|MOVIE WALKER PRESS
 ほとり座にて娘1号と現地合流して「ウルフウォーカー」AppleTV+でも見られるのですが、大画面で見たいと言うことで付き合うことにしました。ケルト三部作の三作目と言うことでだいぶ評判が良さそうなのですが、AppleTV+で見れば十分だったような気がします。今回は字幕版だったのですが、小さい子を連れたお父さんとかもいたようなので、小さい子には吹き替え版を見せてやれれば良かったのにと勝手ながら思ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です