通勤困難者

 ヴェゼルにかみさんと同乗して通勤。41号線から富山インターで高速に乗ろうと考えて6時半頃に家を出ました。途中、車が詰まっているところを避けて41号線に出ましたが、そこからしばらくは渋滞しながらも車は進みました。ところが掛尾の交差点手前で全く進まなくなりました。少し迷いましたが、そこから右折して359号線を進むとすいすいと車は流れ、途中細い道で5台ほど対向車とのすれ違いをして、思っていたよりも早く8時前には職場につきました。その後、かみさんは渋滞に巻き込まれながら、裏道(山道?)を抜けてなんとか職場に着いたようです。
 帰りもかみさんはこちらの指示した通りのルートを間違え、Googleマップで白くなってる道に入って行ってしまいました。最終的には反対方向に方向転換でき、さらに自分の職場に真っすぐ向かえる横道に入ってなんとか来られました。そこからは道を塞ぐトラックや狭い行き道を抜けて富山西インターから高速に乗りました。流杉PAが封鎖中とあったのでどうかと思ったのですが、普通に除雪してあってスマートICを通ることができました。ここからは家は直ぐだと思った直後に渋滞で先に進めません。ほとんど動かずに30分以上経ちその後少しずつ前に進み出しましたが、結局動けなくなった車がいたために渋滞を引き起こしていたようです。対向車の流れが途切れたら追い抜いていけるのですが、なかなか対向車が途切れなかったのも渋滞を引き起こした要因でもあるようです。高速を使ったのに職場を出てから80分かかった事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です