「バック・トゥ・ザ・フューチャー」


ふとしたきっかけで過去に戻り、両親の青春時代に巻きこまれた少年の冒険譚。エグゼクティブ・プロデューサーはスティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ、製作はボプ・ゲイル、ニール・カントン。監督は「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」のロバート・ゼメキス、脚本はロバート・ゼメキスとボブ・ゲイル、撮影はディーン・カンディ、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はマイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、クリスピン・グローヴァーなど。ドルビー・ステレオ。<

情報源: バック・トゥ・ザ・フューチャー|MOVIE WALKER PRESS
 娘たちと一緒にほとり座でやっていた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見て来ました。4Kニューマスター版らしいのですがTV放送版日本語吹替ということで、字幕版よりも面白みが伝わっていたような気がします。他の県の映画館では3部作同日上映だったり週替わりでやっていたようですが、富山では吹替版のPart1のみ1週間限定というのが残念です。

立て看板

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です