「泣く子はいねぇが」


是枝裕和率いる映像制作者集団“分福”の新人・佐藤快磨のオリジナル脚本による長編デビュー作。秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれたものの、いつまでも父親の自覚を持つことができないたすくは、ついに妻のことねから愛想を尽かされてしまい……。出演は「タロウのバカ」の仲野太賀、「見えない目撃者」の吉岡里帆。

情報源: 泣く子はいねぇが|MOVIE WALKER PRESS
 なまはげと男鹿が舞台だというの秋田県人必見の「泣く子はいねぇが」を見てきました。とは言ってもこういった映画が富山県内で見られるはずもなく、お隣の石川県河北市のシネマシャンシャインかほくまで行かざるを得ません。9時オープンのところ10分前に到着。すでに数人の行列が出来ており、5分前には自分たちも車から出て行列に並びました。9時ちょうどにドアが空き、2階の窓口に並びました。それから35分ほど待ちやっとシアターに入れました。内容としては明るいお話かと思っていたのに結構重い展開のストーリーで、ハッピーエンドとは言えないような感じでした。だまこを作るのに米をビニール袋に入れてうどんのように踏んでいるとか、ババヘラアイスを注文される前から盛り付けているとか、微妙にこれはどうだろうかと言うツッコミどころも結構ありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です