北陸新幹線不通


JR東日本(東日本旅客鉄道)は、台風19号の影響により運休となっている北陸新幹線の長野駅~上越妙高駅間と中央本線の高尾駅~大月駅間について、10月15日16時時点での現況と今後の見通しを明らかにした。 北陸新幹線では、長野駅~飯山駅間の線路が冠水した影響で長野駅~上越妙高駅間で運行を見合わせている。現地付近の浸水が解消されたことから、15日から線路冠水箇所の点検を開始。現時点において信号関係の電源装置に甚大な被害が確認されており、同装置の復旧には1~2週間程度かかる見込み。ただし、そのほかの設備にも不具合が確認された場合には、復旧までにさらに時間を要する可能性もある。 なお、長野新幹線車両センターにおいて新幹線車両が浸水したことで、使用可能な車両が通常の3分の2程度になっており、運行を再開した場合も5~6割程度の本数となる見込み。

情報源: JR東日本、北陸新幹線と中央本線の復旧見通しを案内

 台風19号の影響で北陸新幹線で東京へ行けなくなっています。当初、影響は長野の車両基地で車両が水に浸かってしまったことによって大幅な間引き運転になるだろうと思っていましたが、それとは別に長野-飯山間で冠水して電気系統にダメージを負ってしまっていたようです。金沢-上越妙高が臨時便として動いているので、上越妙高から長岡に回って上越新幹線と言うルートも考えられますが、それよりも京都まで行って東京を目指した方が速そうです。1〜2週間で不通区間は解消される見込みと言うことですが、そこから先は2/3の車両をやり繰りしての運行となるため、1時間に1本も動かなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です