「イップ・マン外伝 マスターZ」


「イップ・マン 継承」で主人公イップ・マンのライバルとして登場したチョン・ティンチのその後を描くアクション。詠春拳の正統争いでイップ・マンと戦った後、息子と平穏な生活を送っていたチョン・ティンチが、香港裏社会の勢力争いに巻き込まれていく。主演は「グランド・マスター」、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のデイヴ・バウティスタ、「トリプルX:再起動」のトニー・ジャー、「クレイジー・リッチ!」のミシェル・ヨーが共演。メガホンを取ったのは「グリーン・ディスティニー」、「グランド・マスター」などでアクション指導を務めてきたユエン・ウーピン。

情報源: イップ・マン外伝 マスターZ| 映画-Movie Walker
 娘1号から借りた「イップ・マン外伝 マスターZ」を見ました。「イップ・マン 継承」後のチョン・ティンチを描く外伝ですが、レストランのオーナーとしてバティスタが登場したのであれば、ラスボスとして闘う相手になるのは予想通りでした。放火をされても建物の中だけ燃えて延焼していないのは、日本のような木造家屋では無いからでしょうか。詠春拳を捨てたと言うことで最後の最後まで詠春拳を封印していたのはわかりますが、ぱっと見それまでの闘い方とあまり違いがわかりませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です