「2横綱休場、稀勢の里一人で1年納めの場所へ(読売新聞)」

大相撲の白鵬関(33)と鶴竜関(33)の2横綱が、11日に福岡国際センター(福岡市)で初日を迎える九州場所を休場することが8日、決まった。白鵬関は右膝、鶴竜関は右足首付近の負傷が休場の理由。3横綱のうち2人が初日から不在となり、稀勢の里関(32)が一人横綱として1年納めの場所に臨むこととなった。

情報源: 2横綱休場、稀勢の里一人で1年納めの場所へ(読売新聞) – Yahoo!ニュース

 この日曜日から始まる大相撲十一月場所ですが、白鵬と鶴竜の2横綱の休場が決まったようです。先場所なんとか休場せずに済んだ稀勢の里ですが、一人横綱の重圧に耐えられるのだろうか。ここで御嶽海が13勝くらいで優勝もしくは準優勝したら大関昇進の可能性もありそうですが、どうなるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.