「鶴の湯温泉」

 当初は全然考えていなかったのですが、田沢湖高原まで来たら見るだけでも行ってみようかと「鶴の湯温泉」に向かいました。看板に従って脇道に入りましたが、細い道をどんどん進んでいき、最後の方は舗装されていない道になりどこまで行けば良いのかと思いましたが、前に車が1台いたのである程度安心して進むことが出来ました。駐車場はそれなりに車が沢山ありましたが、すぐにスペースを見つけて車を停めることが出来ました。いつもテレビで見る入り口が目の前にあり、入浴は15時までと書いてあったのでここまで来て温泉に入らない手は無いと先に進みました。建物の一番奥に入浴の受付があり、そこで入浴券とタオルを購入。どんなシステムなのか良くわからないまますぐ目の前にあった建物に入りました。財布を持って来ていたのでロッカーを使おうとしたところ小銭が無いことに気づき、一旦建物を出て受付に戻り両替してもらいました。来る時に右側にあった建物に「コインロッカーあり」とあったので、本当はそちらに貴重品を預けてから入浴受付をする流れだったのかもしれません。狭い脱衣所があり、入り口から向かって右側に「白湯」左側に「黒湯」がありましたが、白湯は5〜6人、黒湯は4人が入れるくらいの湯船です。とりあえずどちらのお湯にもつかりましたが、いわゆる上がり湯がありません。水が流れて来てたのでそれで軽く体を拭いて外に出ました。看板を見てみると露天風呂にも入れそうなので、そちらにもまわり入浴。良くテレビで見る露天風呂よりも狭く、ここから先は男性侵入禁止とあったのでそこから先が良く見る風景だったのかも知れません。そうこうしているうちに、かみさんたちが出て行くのが見えたので直ぐに露天風呂からあがり、水で体を拭くことも出来ずにただタオルで拭いただけの体に服を着て外に出ました。

鶴の湯温泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.