大相撲五月場所千秋楽

 大相撲五月場所の千秋楽。栃ノ心が2敗のままで横綱対決の結果待ちとなりましたが、今の白鵬では鶴竜に手も足も出ないような結果でした。栃ノ心が13勝2敗で準優勝となり大関昇格確定で、鶴竜も初めての2連覇となり、一番無難な結果となったような気がします。序盤は好調そうだった遠藤が怪我をし、いったん休場後に再出場するも白星をあげる事は出来せんでした。照ノ富士や稀勢の里のことを思うと、この先遠藤の相撲生命に影響しなければと心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です