「ギャラクシー・スクワッド」

“オーストラリアン”と“エイリアン”を合体させた原題「Australiens」の通り、なぜかエイリアンの標的にされたオーストラリアを舞台に展開するおバカにして痛快なSFアクションコメディ。幼いころUFOを見たヒロインが超能力に目覚めた理由は? 圧倒的な科学力と戦力を持つ宇宙人が、なぜオーストラリアだけを攻撃するのか? そしてなぜタスマニアだけは除外されるのか? 数々の(くだらない)謎が、まさかと思う伏線とともに明かされるクライマックスには、いろんな意味で驚かされるだろう。

情報源: ギャラクシー・スクワッド | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「ギャラクシー・スクワッド」。オーストラリア映画ですが、いろいろと作りは雑だったりしていたものの、逆にそれが味になっていたりで、なかなか面白い映画でした。残念なのはヒロインが27歳という設定なのに、40代くらいにしか見えないところで、もっとなんとかならなかったのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です