「ラザロ・エフェクト」


死からの再生という禁断の研究に足を踏み入れた科学者たちの恐怖を映し出すホラー。死者を蘇生させる「ラザロ血清」開発中に女性研究員が事故で死亡した。同じチーム内の婚約者は周囲の制止を振り切り血清を投与、彼女を蘇らせることに成功するが……。監督は「二郎は鮨の夢を見る」のデヴィッド・ゲルブ。出演は「ゼロ・ダーク・サーティ」のマーク・デュプラス、「クーパー家の晩餐会」のオリヴィア・ワイルド、「オデッセイ」のドナルド・グローヴァー、「X-MEN:フューチャー&パスト」のエヴァン・ピーターズ、「モスダイアリー」のサラ・ボルジャー。

情報源: ラザロ・エフェクト| 映画-Movie Walker

 オリンピックを見ることなく、WOWOW撮り溜めシリーズの「ラザロ・エフェクト」を見ました。よくあるB級映画テイストの始まりでしたが、まあそれなりに面白い展開がありました。脳の機能を10%しか使っていないところを、100%まで高めてしまうとこうなってしまうというのも、無理矢理感があって楽しめました。それにしても途中で消えたあの犬はどこに行ってしまったのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です