「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」


人間が直接、戦場で戦う事のない、無人偵察機による攻撃という新たな戦争の形を描くサスペンス。危険なテロリストの排除を巡って、様々な人々の思惑が交錯し、それぞれの戦場でのモラルが問われる。『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のギャヴィン・フッドが監督を、コリン・ファースがプロデューサーを務める。

情報源: アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場| 映画-Movie Walker

 レンタルしてきた「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」を見ました。ヘレン・ミレン主演なので安心しながら見られると思ったのですが、ストーリーとしては時間との戦いでハラハラし通しでした。無人飛行機(ドローン)はたぶん十年くらい前では現実的では無かったはずなのに、現在ではおそらく映画のままだろうし、鳥とか虫もそのうちに現実となってくるのかと思うと不思議な感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です