「おじいちゃんはデブゴン」


「燃えよデブゴン」シリーズのサモ・ハンが監督・主演・アクション監督を務めたカンフーアクション。一人暮らしで認知症気味の退役軍人ディンは、中国マフィアとロシアン・マフィアの抗争に巻き込まれた隣人の父娘を救うため、封印していた必殺拳で悪と戦う。出演は、「ファイヤー・ストーム」のジャクリーン・チャン、「グレートウォール」のアンディ・ラウ、「ライズ・オブ・ザ・レジェンド 炎虎乱舞」のフォン・ジャーイー、「わが家の犬は世界一」のリー・チンチン、ドラマ『遊剣江湖』のチュー・ユーチェン、「ドラゴン・ブレイド」のジェームズ・リー・ロイ。また、ユン・ピョウ、ユン・ワー、ユン・チウ、ツイ・ハーク、ディーン・セキ、カール・マッカ、フー・ジュン、ウィリアム・フォン、エディ・ポンといったサモ・ハンと関係が深い顔ぶれがゲスト出演している。

情報源: おじいちゃんはデブゴン| 映画-Movie Walker

 LAWSONに行ったついでに借りてきた「おじいちゃんはデブゴン」を見ました。後から気がついたのですが、昔からこのジャンルの映画は邦題が内容を表していない訳で、思ってたのとだいぶ違っていました。期待のアクションはあるものの、ストーリーとしては楽しく見るという訳ではありませんでした。昔はサモ・ハン・キンポーと言っていたようのが、今はサモ・ハンと言うのも今頃になって知りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です