「もっと猟奇的な彼女」

2003年に公開され好評を博した韓国映画「猟奇的な彼女」のその後を描くラブコメディー。美人で狂暴な“彼女”と別れ、失意のどん底にいたキョヌ。そんなある日、中国に旅立っていた幼少期の初恋相手と再会。二人は、子供の頃に交わした結婚の約束を思い出し……。主人公キョヌを前作に続きチャ・テヒョンが、相手役の“彼女”をガールズグループ、f(x)のビクトリアが演じる。共演は「私を忘れないで」のペ・ソンウ、「デスノート Light up the NEW world」の藤井美菜。脚本を「殺人の輪廻」のイ・ドンハが担当。監督は「夏物語」のチョ・グンシク。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』にて上映。

情報源: もっと猟奇的な彼女 | 映画-Movie Walker

 録りだめ分を消化するために「もっと猟奇的な彼女」を見ました。「猟奇的な彼女」の続編と言う事で女優さんは綺麗なのですが、ストーリー的には「猟奇的な彼女」の方が良かったような感じです。史実とはかけはなれた展開でも「チャングム」とか「奇皇后」とかの韓流時代劇の方はまだ楽しめますが、現代物の韓流ドラマはなかなか良いのには巡り会えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です