「カシミール」

 お昼は娘1号のリクエストでイミズスタンと言うことになりました。「ホットスプーン」「パークマサラ」「ザイカ」「カシミール」と候補が上がり、パークマサラはまだ行った事が無いのですが、ちょっと距離があるので断念。最終的には「カシミール」に行くことにしました。5年ぶりくらいに来たのですが、レイアウトが変わっていて前よりも広くなっているようです。うっかりと注文の仕方を失念していましたが、ここはカレーをチキン・マトン・野菜から選び、辛さも決めてしまえばお終いで、あとは勝手に料理を持って来てくれます。注文してすぐにビリヤニ・テッカ・野菜サラダの皿が出て来て、マンゴージュースもすぐに来ました。一通りビリヤニ・テッカを食べ終わったくらいに丸いナンが来て、その後にカレーが到着です。これもうっかりしてましたが、ナンは一人2枚がデフォルトで出て来るところが他の店と違うところです。自分はなんとか2枚食べましたが、かみさんと娘1号は1枚だけで、残りの2枚は支払いの時に持ち帰り用に包んで貰おうと思っていました。しかし、こちらが頼む前から「モチカエリ?」と聞いて来て、テキパキと包んで来てくれました。また、ポットを持って来たので、テーブルに水のポットがあるのにどうしたのかと思っていたら、「マンゴージュースオカワリ?」と言い出しました。もちろん3人ともマンゴージュースのおかわりを貰いましたが、普段からこんなサービスをしているのか、それとも女性二人もいたからなのか、謎です。ちなみに天気が悪かったせいなのか、自分たちの他の客はほとんど男性一人客だったりで、かろうじて1組だけカップルが来ていました。

ビリヤニ・テッカ・野菜サラダ&マンゴージュース

ナン×6
マトンカレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です