ドキュメント72時間・選「“広島太郎”を探して」


広島の中心街で知らない人はいないとさえいわれる一人の路上生活者がいる。その名は「広島太郎」。神出鬼没。派手な衣装を身にまといさっそうと自転車で街を駆け抜けてゆく。その不思議なたたずまいや言動によって多くの人が「癒やし」や「励まし」を与えられているともいう。広島太郎とはどんな人物なのか。なぜ広島の人たちは彼に惹かれるのか。一人の人物の足跡を追いながら地方都市に暮らす人々の胸の内に耳を傾けてみた。

情報源: ドキュメント72時間・選「“広島太郎”を探して」 – NHK

 今週のドキュメント72時間は2013年放送に放送した「“広島太郎”を探して」をやってました。この頃には毎週見ていたつもりだったのですが、何故かこの回は記憶にありませんでした。「広島太郎」と言う一人の路上生活者を追ったわけですが、3日間取材しても実際に会うことが出来ず、それをそのまま番組にしたと言うあたりがこの番組の強みでしょうか。皆が広島太郎に対して良い風に言っているのに、料理屋の女将さんが一人だけ「あの人は負け犬」みたいな事を言っていたのが印象的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です