「トレインスポッティング」


ヘロイン中毒に陥った若者たちの生態を、斬新な映像感覚で生々しく描いたドラマ。監督はテレビの演出を経てデビュー作「シャロウ・グレイヴ」をヒット作に押し上げたダニー・ボイルで、監督第2作の本作はカンヌ国際映画祭で話題を集め、またアメリカでもヒットを記録。原作はイギリスでカルト的人気を誇るアーヴィング・ウェルシュの同名小説(邦訳・青山出版社刊)。製作のアンドリュー・マクドナルド(「赤い靴」「黒水仙」の監督エメリック・プレスバーガーの孫)。主演は「シャロウ・グレイヴ」に続き起用された新進ユアン・マクレガー。共演は「リフ・ラフ」「司祭」のロバート・カーライルほか。また原作者のアーヴィング・ウェルシュも小さな役で顔を出している。

情報源: トレインスポッティング | 映画-Movie Walker

 かみさんが「T2 トレインスポッティング」のBDを買って来て見ようと言うので、その前に「トレインスポッティング」のDVDを見ることにしました。1996年公開のイギリス映画ですが、ヘロイン中毒の若者達と言う事で、このような退廃的な映画はあまり好きではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です