2017帰省3日目part3

 角館から温泉ゆぽぽへは15分足らずの道のりでしたが、駐車場を出た時に自動車学校の教習車の後ろになってしまったため、数分で通過出来る角館の街を10分くらいかけてやっと通り抜けました。温泉ゆぽぽと言うか秋田芸術村の中には入ったものの、温泉ゆぽぽに宿泊する人用の駐車場がわかりません。最初に入った駐車場には違う施設が建っていたので違うのだろうと、その反対側に「温泉ゆぽぽ」と看板があったのでそちらの駐車場に車を駐めました。温泉ゆぽぽとある建物に入ってみるとどう見てもホテルには思えません。荷物を持ってとりあえず靴を脱ごうとしているとスタッフの人がやってきて、「宿泊の方は道の反対側にある5階建ての建物になります。」との事。道を横断する渡り廊下を通って、1階のフロントへやっと辿り着きましたが、チェックインすると和室で4人では無くツインルームを2部屋予約していたのが災いし、「ツインルームが少ないので別々のフロアになってしまいました」と言われました。とりあえず部屋に入ってみましたが、建物の外観から予想出来るくらいの古さ感満載で、何となく合宿所に適した作りのような感じでした。ここにもFreeWi-Fiが提供されていたのですが、昨日と同じくネットに繋がっていませんでした。一応フロントの女性に話をしてみましたが、ここでも勝手に電源の抜き差しでリセットしてしまいました。
 18時からの夕食は座敷にもなっていない夕食会場でした。最初に飲み物を注文する時に娘2号はグラスであとの3人はジョッキにしたのですが、運ばれてきたジョッキは思っていたよりも大きく、皆グラスビールにして違う種類のビールを楽しんだ方が良かったような感じでした。料理はしっかりとしたものだったのですが、朝のバイキングにお昼のパスタであまりお腹が空いていない状態だったため、食べきることは出来ず炊き込みご飯も半分ほどしか食べられず悔しい気分でいっぱいでした。

夕食

お造り
バイツェン
炊き込みご飯&お汁
デザート

 19時半からは東北祭りナイトステージがありました。宿泊に込みのプランでしたが、ワンドリンク付きで1080円のステージのようです。週によって二つのパターンがあるようなのですが、今回はガールズセブンのパフォーマンスでした。チラシを見てみると7人の女性のうち3人がわらび座の俳優さんで4人が研究生のようでした。メインの3人が主な演技をして、研究生4人は太鼓を叩いたり踊ったりと言う構成でしたが、なかなか楽しめるステージでした。次の週は「KINJIRO!」班の役者さん達だと言うのでそちらの方も観てみたい気もしないでも無いのですが、多分次にここに泊まることは無い様な気がします。

ナイトステージ1
ナイトステージ2
ナイトステージ3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です