「アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界」


徐々に腐食していく女性を追ったホラー「スリーデイズ・ボディ」の後日譚。サマンサがゾンビ化してから数日後、彼女と関係を持っていたライリーの身体に彼女同様の変化が起こり始める。主演は前作に続いての登場となるマット・マーサー。監督は本作が長編初監督作品となるジョシュ・フォーブス。特集上映『未体験ゾーンの映画たち2016』にて上映。

情報源: アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界 | 映画-Movie Walker

 WOWOWゾンビシリーズの第3弾「アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界」を見ました。これまでの2作品とは前々雰囲気の違うゾンビ映画でした。どうも「スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間」と言う映画の続き物だったようで、確かに導入部の展開は前作を見ていないとよくわからない状態になってしまっていました。お馬鹿で楽しいゾンビ映画では無く、どうにも痛々しい直視できない場面もあったゾンビ映画でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です