「セデック・バレ 第一部 太陽旗」


1930年、日本統治下の台湾で起きた、原住民による抗日暴動“霧社事件”のいきさつを、『海角七号 君想う、国境の南』のウェイ・ダーション監督が、4時間36分の長編作として映画化し、2部作として上映。『第一部 太陽旗』では、原住民のセデック族が日本に対し武装蜂起するまでが描かれる。

情報源: セデック・バレ 第一部 太陽旗 | 映画-Movie Walker

 かみさんが買って来たDVD三枚組の「セデック・バレ 第一部 太陽旗」を見ました。台湾原住民が日本人に対して反乱を起こした事件らしいです。途中までは統治する日本人達が蕃族扱いしている事で、それに対する反抗と言うのは理解できましたが、抑圧していた警察や学校の先生とかだけでなく、何の罪も無い女子供さえ惨殺するところを見るとどうにも納得できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です