「城下町へ行こう!」角館

今回は〝みちのくの小京都〟と呼ばれる、秋田県「角館」の城下町。三方を山々に囲まれたこの町は、400年もの間、変わることなく江戸時代の町並みを今に残している。角館で見つけた不思議とは・・・

引用元: BS朝日 – 歴史発見 城下町へ行こう!.

 面白い番組が無かったので、録画しておいた「城下町へ行こう!」(角館)を見ました。2012年に放送したものの再放送らしいのですが、それなりに楽しめました。「秋田美人の謎」として、大飢饉の頃に殿様が米の備蓄をするようにしていたのでここら辺の女の人たちがやせ衰えずにふくよかな面立ちをしていた、というので秋田美人と言われることになったと話を進めていました。秋田美人の条件のひとつと念押ししていましたが、ちょっと無理矢理な理由付けのような気がしないでもない感じです。また、一般家庭で地元料理を出して貰っていましたが、きりたんぽはまだしも、ハタハタまで出してくるのはこれまた無理な話のような…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です