「ルノワール 陽だまりの裸婦」&「トランス 」

数多くの名作を残した巨匠ピエール=オーギュスト・ルノワールの子孫ジャック・ルノワールの原作を基に、偉大な画家の晩年を描く人間ドラマ。光あふれる南仏を舞台に、不自由な体にむち打ちながらも意欲的に創作を続けた老画家と、美貌のモデルにまつわる知られざる物語を紡ぎ出す。心優しい芸術家を演じるのは『トト・ザ・ヒーロー』などの名優ミシェル・ブーケ。後にフランス映画界で監督として名をはせる次男との逸話や、世界を魅了する傑作誕生の瞬間に目がくぎ付け。

引用元: ルノワール 陽だまりの裸婦 – Yahoo!映画.

さまざまな作品を世に送り出したダニー・ボイル監督が、『つぐない』などのジェームズ・マカヴォイを主演に迎えたサスペンス。『トレインスポッティング』の脚本家ジョン・ホッジとボイル監督が再びタッグを組み、ギャングと名画を略奪した競売人が絵画の隠し場所の記憶を失い、ギャングが催眠療法で記憶を復活させようと画策するも予期せぬ事態に陥っていくさまを描く。『ブラック・スワン』などのヴァンサン・カッセル、『アンストッパブル』などのロザリオ・ドーソンが共演。

引用元: トランス – Yahoo!映画.

 かみさんと娘2号が観たいというので、「ルノワール 陽だまりの裸婦」「トランス」を2本続けて映画館で見てきました。娘2号が18時過ぎにバイトから戻ってきて直ぐに家を出て、18時15分頃に映画館に到着。「ルノワール」のチケットを購入してから、食事コーナーでカレーライスを食べることにしました。最初自分だけカツカレーにするつもりだったのですが、それだと少し時間がかかるということで三人ともカレーライスになりました。

カレーライス
カレーライス

 「ルノワール 陽だまりの裸婦」の方は、特に大きな展開もなくフランス映画的なモッサリした感じだったため途中で気を失ってしまい、気がついた時にはエンドロールが始まっていました。一旦ロビーに出て「トランス」のチケットを購入。30分くらい時間があるのでミニあんまん&ポップコーン&ドリンクを注文し、再び食事コーナーであんまんを食べて待機。それほど待たずに入場開始となりましたが、こちらの方は展開が二転三転しなかなか面白い内容でした。順番が逆だったら2本目はもっとぐっすり出来たかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です