「ペーパーボーイ 真夏の引力」

数々の映画賞を席巻した『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督が、ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。ある殺人事件を調査する兄弟が、事件の真相をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれていく。主演は、『ハイスクール・ミュージカル』シリーズのザック・エフロン。彼をとりこにしてしまう謎めいた美女をオスカー女優ニコール・キッドマンがなまめかしく熱演するほか、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザックら実力派がそろう。

引用元: ペーパーボーイ 真夏の引力 – Yahoo!映画.

 あまり見たいとは思わなかったのですがお昼ご飯を食べることを考え、かみさんと娘2号と三人で「ペーパーボーイ」を見に行きました。ニコール・キッドマンとか、マシュー・マコノヒーとか、ジョン・キューザックとかの俳優さん達は良かったのですが、どうにもこうにも自分としてはストーリー的について行けない内容で、最後にはやっと終わったとホッとしました。一緒に見に行かずに映画館まで送り迎えした方が良かったと後悔しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です