凱旋門賞

フランスのパリ郊外で6日に行われた競馬の世界最高峰のレース、凱旋門賞で、日本の馬ではオルフェーヴルの2着が最高で、日本の馬として初めての凱旋門賞制覇はなりませんでした。

引用元: 凱旋門賞 オルフェーヴル2着 キズナ4着 NHKニュース.

 これまであまり興味は無かったのですが、オルフェーブルとキズナの日本馬2頭が出場し初めての優勝が期待できるというので、地上波での生中継を見ることにしました。日本とは違ってゲートインが始まってから出走するまで結構だらだらと時間がかかり、はじめの方でゲートインした馬は不利のようにも見えました。2頭とも途中まで良い位置につけていて期待できましたが、トップの馬が強すぎたようで、2着と4着になったもののずいぶんと差がついていました。なかなかこの世界では日本馬がトップに立つことは難しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です