あつみ温泉たちばなや

 加茂水族館を出発し、「あつみ温泉たちばなや」へと向かいました。フェリーを使うようになる前は、毎年あつみ温泉の入り口の前を通過していただけでした。今回は、両親の結婚60周年と言うことで、秋田と富山のどちらからも少し遠いけど車で行ける距離にあるあつみ温泉でみんな揃ってお祝いしようと言う事になった次第です。
 17時半頃に旅館に到着し部屋に案内されましたが、由緒ある温泉旅館と言った趣のあるところでした。客室係の仲居さん(去年還暦だったそうな…)が最初に説明してくれたりしたのですが、こういった高級温泉旅館に泊まったことはほとんど無いので、心付けを渡すべきなのかどうかがわからず、とりあえず何も渡しませんでした。
 18時半から夕食となり、まずは全員並んで記念写真を撮影。60周年の記念品として自分がネットで手配した若狭塗夫婦箸(名入り・桐箱入り)を両親に渡し、続いて旅館に用意して置いて貰ったケーキにロウソク6本火を点しました。その他にこちらからは頼んでいなかったのですが、女将からお祝いの品として一輪挿しがプレゼントされました。父親の挨拶の言葉に続き、乾杯をしてからケーキのロウソクの火を二人で消す60年目の夫婦共同作業を行い、食事前のイベントを終えました。
 お食事は流石に高級温泉旅館という訳で、どれも美味しく頂けました。陶板焼きの牛肉が美味しかったのですが、それでも山形牛だったと言うことで、これが米沢牛だったらもっと美味しかったことでしょう。飲み物で生ビールを何杯か頼んだのですが、仲居さんにとっては生ビールでは無く瓶ビールの方が色々な意味で良かった様で、後で瓶ビールを何本か頼んだ時には笑顔で対応してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です