コストコ

 病院を出たあとはかみさんの車の給油をするためにコストコへ。ついでに食料品も買い、昼食としてホットドッグを買って食べましたが、無料のドリンクはカップが大きいので無駄に多く注いでしまいました。ホットドッグの他にピーカンナッツ キャラメルサンデーを二人でシェアしましたが、一人で食べるのはちょっと多めです。

ピーカンナッツ キャラメルサンデー

入院3日目(退院日)

 朝の准教授診察は部屋番号順なので1番最後になりました。そのあと外来で視力検査でしたが、散瞳してたためか、あまり視力が出ていなかったようです。朝の診察で眼圧が高かったため、眼圧を下げる点眼と薬が上がって来るのを待って内服してから、10時過ぎに退院。駐車場代は付き添いの人用の割引券で300円になりました。あとから説明を見てみると入院時の送迎は外来と同じ扱いで100円になるらしいのですが、退院時の送迎は該当しなさそうでした。

3日目朝食

入院2日目(手術日)

 手術後はシャワーも浴びることはできないので、朝一番(9時〜)に風呂の予約をしてシャワーだけ浴びましたが、あとから火・木・土は女性の風呂の日だったようです。午前中は他に誰も風呂の予約をしていなかったようなので、許してもらうことにします。手術は12:20の予定が13:25へ。前回の時よりは精神的に余裕で、前後の準備を含めて30分くらいで手術が終了し14時頃に部屋に戻りました。昼食は手術後に食べるつもりだったのですが、術後2時間は食事禁止ということもあり、16時にお昼を食べるというのは流石に夕食との間がなさすぎるため、残念ながら昼食無しにしました。

2日目朝食

ルート確保
2日目夕食

入院初日(入院日)

 通勤するかみさんの車に乗せて貰って病院へ。新たな積雪はほとんどなく、途中多少の渋滞はあったものの思ったほど時間がかからず8:30頃に病院に到着しました。10:30入院の予定なので、まずは売店で必要なものを購入し、しばらく待合室で待機。9:30過ぎに入院受付に行ったところ病棟で準備が出来ていると言う事で病棟へ向かいました。個室を希望していたものの、全く空いていないらしくトイレ付きで+1000円の二人部屋になりました。
 看護師さんは何度か来たものの、担当医師の顔を見たのは17:30頃でした。今回は個室じゃないのでテレビや冷蔵庫を使うにはプリペイドカードが必要なのですが、二泊三日程度なのでテレビを見ずにiPhoneやiPadで過ごす事にしました。

病室からの眺め

1日目昼食
1日目夕食

豪雪

 昨日よりも更に雪が積もりました。福井では五六豪雪以来の積雪だとか。富山では感覚としてそこまではいってないですが、五九豪雪に近い感じで流石に豪雪と言っても良い状況です。朝の高速道路でも路面が雪で見えなく、いつものICは降りた辺りにトラックが止まっていてその後に数台並んでいるのが見えたので次のICで降りることにしました。途中、ワイパーブレードが凍りついてフロントガラスの視界が最悪の状態になりかけ、かろうじてIC料金所前の渋滞で停車した時に氷を取り去ってなんとかなりました。昨日の夜の当直の人は車が雪に埋もれ、掘り出すのに結構な時間がかかっていたようでした。帰りは国道でしたが、ノロい車が前を走っていたくらいで、道を選べば極端に時間がかかると言う事はありませんでした。

ピッツェリア

 映画を見終わった後、お昼はどこで食べようかという事でファボーレの中はどこも満員なので、帰る途中にあった「ピッツェリア」に入りました。時間的にどうかと思いましたが、普通に空いていたようです。三人用のボーノセットにして、シーザーサラダ、マルゲリータビザ、カルボナーラ、ミートソーススパゲティを選びました。今頃、ピッツェリアがあっぷるぐりむグループだという事を知りました。

シーザーサラダ

マルゲリータ
ミートソース
カルボナーラ

「スリー・ビルボード」


とある田舎町で起きた殺人事件にまつわる騒動の行方を描き、数々の映画賞で話題を呼んだクライム・サスペンス。『ファーゴ』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたフランシス・マクドーマンドが、亡くなった娘を思うがゆえに起こした騒動によって孤立していく母親を、ウディ・ハレルソンが町の人々から支持される警察署長を演じる。

情報源: スリー・ビルボード| 映画-Movie Walker

 かみさんと娘1号と三人でファボーレに行き「スリー・ビルボード」を見ました。なんか見てて辛い映画でした。

NKの個人的なブログです。備忘録的なことをつらつらと書き連ねてみます。