「プロレス・格闘技」カテゴリーアーカイブ

大相撲五月場所千秋楽

 大相撲五月場所の千秋楽。栃ノ心が2敗のままで横綱対決の結果待ちとなりましたが、今の白鵬では鶴竜に手も足も出ないような結果でした。栃ノ心が13勝2敗で準優勝となり大関昇格確定で、鶴竜も初めての2連覇となり、一番無難な結果となったような気がします。序盤は好調そうだった遠藤が怪我をし、いったん休場後に再出場するも白星をあげる事は出来せんでした。照ノ富士や稀勢の里のことを思うと、この先遠藤の相撲生命に影響しなければと心配です。

大相撲五月場所四日目

 大相撲五月場所の四日目。豪栄道はしょうがないと思うのですが、鶴竜に土がついてしまいました。今のところ上位陣で負けなしは白鵬・栃ノ心・逸ノ城の1横綱2関脇と言うことで、両関脇がどこまで好調を維持できるかが鍵となっています。調子の良さそうだった遠藤が阿炎に黒星と言うのがちょっと意外でした。

大相撲五月場所初日

 大相撲五月場所の初日。稀勢の里がいつも通りに休場しているので、今場所の見所は休場明け白鵬か連覇を狙う鶴竜か、栃ノ心の大関挑戦あたりでしょうが、更に体重を増やした逸ノ城が怪物ぶりを最後まで維持できるかというあたりも楽しみです。とりあえず初日は上位陣が安泰でした。