NK のすべての投稿

大相撲一月場所三日目

 大相撲一月場所の三日目。初日から2連敗で崖っぷちの稀勢の里が良いところなく栃煌山にも負けてしまいました。完全に勝ち方を忘れてしまっているようです。NHKのアナウンサーも明日にでも引退するみたいな言い方でしたが、本当にもう「お疲れ様でした」でみんな納得するしかなさそうです。大関陣が三日目で高安の1勝だけと言う情けない状況で鶴竜も2敗目となり、結局白鵬のみ頑張っている感じです。この場所で世代交代が進むのかどうかは、今後の貴景勝と御嶽海次第のような気がします。

「ウォリアー・ゲート 時空を超えた騎士」

ベッソンが「トランスポーター」シリーズの一部や「96時間」シリーズでも組んだR・M・ケイメンと脚本を担当。かなり荒唐無稽なファンタジーだが、ベッソンが自身のアジア娯楽映画に対する愛情を、中国のキャスト・スタッフと協力して注いだかのよう。アクション場面ではVFXとアナログなワイヤーアクションを組み合わせ、独自の迫力を生んだ。キャストでは女優発掘に定評があるベッソンらしく、中国出身の美女ニ・ニの魅力が光る。監督は「ロンドンゾンビ紀行」のM・ヘイニー。WOWOWの放送が日本初公開。

情報源: ウォリアー・ゲート 時空を超えた騎士 | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「ウォリアー・ゲート 時空を超えた騎士」を見ました。ハリウッド映画に中国資本が絡んできて無理矢理ストーリー展開に中国を盛り込んでいると言うパターンは好ましく思っていませんが、最初っから中国テイスト満載は逆に楽しめたりします。最初の方はL・ベッソンが好きな市街地を自転車で駆け抜ける場面があったり、異世界から来たお姫様が現代を楽しむとか、定番の展開だったりしています。日本では劇場未公開らしいのですが、公開していてもL・ベッソンの名前でそれなりに動員できたような気がしますが、そこは甘い見込みでしょうか。

「ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談」


イギリス他世界各地で上演されたホラー舞台劇を、生みの親であるアンディ・ナイマンとジェレミー・ダイソンが自らの手で映画化。オカルト否定派のグッドマン教授は、依頼を受け3件の超常現象のからくりを暴こうとするが、想像を絶する恐怖体験に見舞われる。監督を務める俳優アンディ・ナイマンが謎に挑むグッドマン教授を、3人の超常現象体験者を「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズのポール・ホワイトハウス、ドラマシリーズ『このサイテーな世界の終わり』のアレックス・ロウザー、「ホビット」シリーズのマーティン・フリーマンが演じる。

情報源: ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談| 映画-Movie Walker

 レンタルしてきた「ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談」を見ました。途中まではホラーでしたが、終わりが近づくにつれてちょっと妙な雰囲気になってしまっていました。ホラー舞台劇を映画化したと言うことのようですが、このラストはちょっと残念です。

古代アンデス文明展

 県民会館でやっている「古代アンデス文明展」を娘1号と3人で見に行ってきました。以前にも「インカ帝国展」「黄金の都SICAN展」をやっていた時に見に行ったのですが、今回はインカ・シカンを含めた古代アンデスと言う事で、それぞれの時代・帝国については端折るような感じになっていました。相変わらず入り口近くの展示で人が詰まっていたので、その辺は遠巻きに眺めながら先へと進み、人のいない所だけじっくりと見ることにしました。全て撮影不可だと思って先に進んでいましたが、メインの人骨・ミイラのブースだけ撮影不可となっていました。これならば何点か写真にとっておけば良かったと思いましたが、戻って撮影しなくてはとまでは思いませんでした。物品販売コーナーでは例のごとく民族衣装を着て撮影するスポットがあり、かみさんと娘1号はまんまとその策にはまっていました。スタッフから声をかけられてハッシュタグをつけてインスタグラムに投稿してくださいと言われましたが、さすがにそれはありません。

古代アンデス文明展

北陸電力

 クレジットカードの切り替えをオンラインで出来なかったのはケーブルテレビ北陸電力で、それぞれ資料請求して届いた申込書に記載して送り返すと言う前時代的な事をさせられました。そして本日北陸電力からクレジットカード会社に請求しても支払われなかっと振込用紙が届きました。先月の19日に申込書を投函したのですが、それの手続きが間に合わなかったのだろうと思われます。もし手続き上の問題があって新規に申請したカードで引き落とせなかったのかどうかは来月の請求でわかるでしょう。

インディラ

 はなまる呑みでも良かったのですが、チキン一品サービス券があったのでインディラに行く事になりました。自分はマトンカリー単品をかみさんはビリヤニセットを注文、生ビールも頼みました。注文する前にチキンサービス券を持って行きましたが、これはチキンフライになってました。生ビールはなかなか持ってきてくれず、料理が出来上がってから持ってきました。一通り食べた後、前回かみさんと娘たちが来た時に食べて美味しかったと言うハリヤリカバブを注文。前回よりも味が塩辛いと言うことでしたが、ビールにちょうどいい感じになっていました。先客に老夫婦がいましたが、どうも初めて来た客らしく、これは美味しいとか安上がりだとか言って喜んで食べていました。かみさんの頼んだビリヤニが来たのを見て気になったらしく、チャーハンがどうのとかメニューを見ていたりした後ビリヤニを注文していました。

チキンフライ

ビリヤニセット
マトンカリー&ナン
ハリヤリ カバブ

「アナベル 死霊人形の誕生」


『死霊館』に登場した実在する呪いの人形、アナベルの恐怖を描いた『アナベル 死霊館の人形』の続編となるホラー。人形師の家にやってきた孤児院の少女たちが見舞われる恐怖と、アナベル人形誕生の秘密が明かされる。『死霊館』シリーズのジェームズ・ワンが製作を手がけ、『ライト/オフ』のデヴィッド・F・サンドバーグが監督を務める。

情報源: アナベル 死霊人形の誕生| 映画-Movie Walker

 WOWOW撮り溜めシリーズで「アナベル 死霊人形の誕生」を見ました。「アナベル 死霊館の人形」の続編という事で以前レンタルしたのを見たはずなのですが、所々の記憶しかありません。序盤で出てきたあれで絶対何か起こりそうと言うのをちゃんとやってくれるのは嬉しいところです。呪いの人形の誕生秘話という事ですが、呪いと言うよりも悪魔に話を振ってしまったのはちょっと如何なものかと言った感じです。最後に出てきた映像はシスターが関係していたように取れますが、そうなると12年前の出来事と辻褄が合わなさそうで微妙です。

ケータイプランSS

 おばあちゃんに持たせたDIGNOケータイ2はほとんどネットに繋げないからとケータイプランSSにしていました。今日ワイモバイルの利用料金を何気なく確認してみたところ、データ定額料として想定していなかった額が出ていました。娘達とのやりとりでLINEの方が便利かもとプリインストールされていたLINEをうっかりとアップデートしてしまっていたことでパケットを消費していたようです。と言う事でケータイプランSSからスマホプランSに料金プランを変更したいと思っていますが、機種代金の割引が継続されるかどうかをワイモバイルに問い合わせ中です。
 ワイモバイルから機種代金の割引が変更なしと言う返事が来たので、早速ケータイプランSSからスマホプランSに料金プランの変更手続きをしました。反映されるのは2/1からです。それにしても100MBを超えただけでパケット定額の上限まで行ってしまうのはちょっと酷すぎます。

Paypay残高GET

 本当に戻ってくるのか半信半疑でしたが、12/11に冷蔵庫を買った際のキャッシュバック分としてPaypay残高に戻ってきました。使える店が限られているとはいえ、これで何を買おうか思案中。父からのお年玉だと思い、無駄遣いしないようにとは思っています。

ヴェゼルHV給油

 ヴェゼルHVの給油。307km/22.66Lなので13.54km/Lとなっていて、過去最低の数値になりました。去年の冬と比べて通勤距離が短くなったことが要因かと思われます。ガソリン価格は132円/Lとだいぶ値下がりしていました。

13.8km/L