NK のすべての投稿

健康診断

 職場の定期健康診断。朝ごはんを食べずにいつもよりも30分早く職場に行ったのですが、受付で5月の採用時に健康診断書を提出しているので今回は健康診断を受ける必要は無いと言われました。他の4月採用の新人も同じ目にあったらしいのですが、何故案内文にその旨書いておいてくれて無いのか不思議です。もしかしたらこれは常識なのだろうか。

「ストームブレイカーズ 妖魔大戦」

英雄を夢見て大口をたたいては村人に馬鹿にされてばかりの心優しい妖怪の青年・大錘(だいすい)。そんな彼が、法力を失った孫悟空を助けたことから恐るべき魔物を相手に戦うことに。孫悟空たち三蔵法師一行を脇役にして、「西遊記」番外編ともいえる冒険が繰り広げられるファンタジーアクション。ドラマ部分はコメディタッチだが、アクション場面は一転して迫力満点の本格派。そのギャップも見どころだ。三蔵法師役で「藍色夏恋」のチェン・ボーリン、ヒロイン役で「20歳よ、もう一度」のヤン・ズーシャンが出演。

情報源: ストームブレイカーズ 妖魔大戦 | 映画 | WOWOWオンライン

 WOWOW撮り溜めシリーズで「ストームブレイカーズ 妖魔大戦」を見ました。西遊記の番外編といった趣ですが、あまり孫悟空は活躍していなかったりしてます。いかにも中国映画的なギャグが散りばめられていて、ちょっと好みが分かれそうです。最後の龍vs牛は高橋克彦の「竜の棺」を思い出してしまいました。エンディングのNG集は面白いものの、他の楽屋ネタ的なものは中国映画界を良く知らないといけなさそうです。

ルンバe5発表


アイロボットジャパン合同会社(本社:東京都千代田区/代表執行役員社長 挽野元)は、ロボット掃除機「ルンバe5」を2018年10月26日(金)より全国の百貨店、家電量販店およびアイロボット公式ストアにて発売開始いたします。

情報源: 新ルンバは約5万円でハイエンド仕様なお買い得機。連続稼働時間も1.5倍の90分に延長 – Engadget Japanese

 この夏にルンバを購入して喜んでいたのですが、それとほとんど同じ値段でお手軽なハイエンドモデル「e5」が発表されてしまいました。良くありがちな話ではありますが、ちょっとだけ残念な気分です。

日本vsウルグアイ

まさに手応えのある勝利だ。南米の雄を相手に90分間ひるまなかったことに加え、はやる気持ちを抑えて攻撃の連動性を保てたことも大きな勝因だろう。2列目には代表での経験の浅い若手が並んだが、常に周囲を見渡し、どの位置が最も「優位」かを見極めてゲームを巧みにコントロールした。そのため、キックオフ直後からピッチの随所にボールが回り、強固な守備を誇る相手を揺さぶり続けることに成功。また、大迫勇也のポストワークや長友佑都のフリーランニングも随所で利き、「世代間融合」の面でも高いクオリティーを披露した。

情報源: サッカー日本代表 – 日本vs.ウルグアイ – 試合経過 – スポーツナビ

 サッカー日本代表の親善試合、日本vsウルグアイ。ウルグアイが韓国に負けたあとの試合らしいのですが、流石に日本がどれだけ善戦するかと言う感じで見てました。いくら調子が良くないからといっても、日本ってこんなに強かったっけ?と言った感じの試合でした。攻撃陣は確かに機能していて決定力不足など誰のこと?みたいな感じでしたが、相手が一人残っているのを確認せずに不用意なバックパスをするような守備陣は相変わらず脆さを隠せません。

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」


感動的なカーネギーホールでのコンサートやレコーディング風景などで見せる、キューバ音楽の古老たちの表情が魅力的。心から音楽を楽しんでいる姿が印象に残る。

情報源: ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ| 映画-Movie Walker

 かみさんが先週末映画館で「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」を見てきた事もあって、レンタルしてきた「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を見ました。前にも見てはいるのですが、やっぱりカッコいいです。

「ゆれる人魚」


2016年サンダンス映画祭ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞を受賞したポーランドの女性監督アグニェシュカ・スモチンスカによる長編デビュー作。人間界に降り立った肉食人魚姉妹が、少女から大人へと成長する姿を綴るホラー・ファンタジー。出演は「アンナと過ごした4日間」のキンガ・プレイス、『愛の原罪』のヤーコブ・ジェルシャル。2017年9月17日、『第10回したまちコメディ映画祭in台東』にてジャパンプレミア上映。

情報源: ゆれる人魚| 映画-Movie Walker

 レンタルしてきた「ゆれる人魚」を見ました。以前予告編を見て面白そうだと思っていた映画です。ポーランド映画と言う事もあってか、展開について行けなかったり、展開が雑だったり、この人は誰?とかあったりで、全く不思議な映画でした。アンデルセンの人魚姫の設定はそのままなので、声を失ったり海の泡になったりとかですが、魚部分の下半身が長すぎてとても人魚姫とは言えません。

富富富

 富山県のネーミングセンスを物語る「富富富」をお昼に食べて見ました。去年先行販売のを初めて食べた時にはそれなりに美味しく思ったのですが、今年のはいたって普通の米の味でした。去年のは無洗米だったのですが、そんなに変わる事はないだろうし、ちょっと先行き不安な気がします。さしあたっては福井の「いちほまれ」・石川の「ひゃくまん穀」と食べ比べしたいところですが、なかなかこの二つを富山県内で入手するのが難しそうです。

富富富

朝食

 6時前に朝風呂。朝食は7時半からにしましたが、バイキングではなく朝食御膳でした。朝食バイキングも良いけど、こういった宿では落ち着いて食べられる朝食御膳の方が好ましいです。焼き鮭とウインナーを自分で加熱する形になっていましたが、逆に焼き鮭が食べづらくなっていました。食後のコーヒーはレストランとは別のラウンジに用意してあると言うことでしたが、コーヒーサーバーとカップ・シュガー・ミルクの配置が微妙だったため、順番待ちの行列が出来ているとコーヒーを入れてからシュガーとミルクを取るのに苦労して、横のかみさんと接触してコーヒーをこぼしてしまいました。食事をしてから部屋でまったりと過ごして9時過ぎにチェックアウトしました。

朝食

グリーンビュー立山

 思いがけず2名様の招待券が手に入ったので「グリーンビュー立山」に一泊することになりました。行く途中で立山あるぺん村に寄り道して、おうはん卵などを購入。17時過ぎに到着してみると駐車場が満杯です。ちょうど従業員の人が出てきていたのでどこに停めたら良いかを尋ね、未舗装のところに案内されました。部屋のテレビは電波が届かないらしくケーブルテレビしか見られないようでした。逆にケーブルテレビのチャンネルが見放題だったので、AXNミステリーチャンネルでやっていたポワロを見て時間を過ごすことができました。
 夕食はレストランで。それなりに凝った料理で美味しく頂けましたが、ご飯がコシヒカリにしてはそれほど美味しく無かったのが残念です。献立の並びと実際の出てくる順番が違っていたりするのがちょっとわかりづらいところでした。
 部屋に戻ってからもまったりとポワロを視聴しました。

御膳

献立
満寿泉
カラスミそばパルメザン風味
茄子と鯛・鯛味噌がけ
蒸長芋そぼろ餡掛け
ごはん・汁・香の物
水菓子

「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」


ジム・キャリー主演、ボビー&ピーター・ファレリー兄弟監督のコンビによって大ヒットを記録したコメディの20年ぶりの続編。腎臓病を患ったハリーと相棒のロイドが提供者を探す旅の行く先々でおバカな連中と繰り広げる騒動が描かれる。前作同様、ジェフ・ダニエルズがロイド役を演じ、息のあったかけあいを見せる。

情報源: 帰ってきたMr.ダマー バカMAX!| 映画-Movie Walker

 WOWOWシリーズで「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」を見ました。基本何も考えずに大笑いしながら見る映画ですが、どうも下品すぎて笑えないところもありました。「ジム・キャリーはMr.ダマー」の20年振りの続編らしいのですが、こちらの方は未見なので機会があればレンタルして見ても良いような気がしないでもないような…。