サッカーW杯2018予選リーグ コロンビアvs日本

異様な緊張感に包まれた「再戦」が、このような形で動き出すと誰が予想したであろうか。開始直後に思わぬ形でPKを得ると、これを香川真司がきっちりと決めて日本が先取点を得る。だが、これでリードを「守りにいく」意識を強く持ちすぎてしまい、縦に速い攻撃を仕掛けるコロンビアの勢いを自陣で受け止める形に。前半39分には不用意なミスが原因となって与えたFKをフアン・キンテーロに沈められ、同点で試合を折り返す。

情報源: コロンビア vs. 日本(グループH) 試合情報 – ロシアワールドカップ特集 – スポーツナビ

 ちょうど良い時間帯で生中継されていたのでコロンビアvs日本を見ました。ロドリゲス抜きでも日本が勝つのはかなり難しいと思われていたのですが、まさかの開始3分でハンドでPK&退場となり、1-0のスコアかつ11人vs10人というハンデを貰ったような状況でした。それでも前半のうちに同点に追いつかれてしまったことで先行きあやしくなりましたが、ハーフタイムを挟んだことで落ち着きを取り戻したようでした。後半でロドリゲスが入って来たことで逆にコロンビアの動きが少なくなってきたこともあり、大迫の追加点で逃げ切ることができたようです。今回のW杯はドイツが初戦でメキシコに敗れたり、強豪国が引き分け止まりだったりでなかなか面白い展開になっていきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.