「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」


日本の寓話をベースに、両親を殺された少年が辿る運命を描き、第89回アカデミー賞で長編アニメーション賞候補にもなったストップモーションアニメによるファンタジー。『コララインとボタンの魔女』のスタジオライカが、3Dプリンターを駆使し、表情の豊かな人形や、色彩豊かな映像を作り出した。監督は本作が初長編アニメ映画監督作となるトラヴィス・ナイト。

情報源: KUBO/クボ 二本の弦の秘密| 映画-Movie Walker

 巷で評判の「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」を見てきました。日本風ではありながら微妙に違うんじゃないかという部分だったり、結末がちょっとしっくりこなかったりと言うところはありましたが、流石に評判通りの映画でした。シャーリーズ・セロンやマシュー・マコノヒーがサルとクワガタを演じていたようですが、2D吹替版だったのでエンドクレジットを見るまでわかりませんでした。もし字幕版だったとしても声だけ聞いてこの二人が演じているのをわかっていたかと言うとちょっと怪しいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.