「美女と野獣」


絶大な人気を誇るディズニーのアニメ作品をエマ・ワトソン主演で実写映画化したラブストーリー。呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、彼の前に現れた娘の運命を描く。『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督が、壮大な世界観を見事に映像化し、アニメ版同様に歌あり、踊りありのミュージカル調の物語に仕立てている。

情報源: 美女と野獣| 映画-Movie Walker

 レンタルして来た「美女と野獣」を見ました。やはり主役のエマ・ワトソンありきの映画だったような感じが無きにしも非ずって感じでした。導入部で少し気を失ってしまい、ベルが城に拉致されたいきさつを見逃してしまいましたが、最後まで「美女と野獣」を見たのは初めてだったような気がします。エンドクレジットを見てから気がついたのですが、ユアン・マクレガーやイアン・マッケランが出ていたのは流石にディズニーというところでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.