眼鏡

 右眼の中のガスはまだ5〜10%くらい残っていて、眼鏡を作って良いと言う術後1ヶ月にはまだまだ早いのですが、1週間後には出勤しないといけないので先週コンタクトレンズを購入したメガネハウスに行き眼鏡を新しく作るすることにしました。コンタクトの時に大体の経緯を話をしていたため1から説明する必要は無かったのですが、それでも今作っても左眼の手術後に改めてレンズを入れ替えないといけない事で色々と悩まないといけませんでした。コンタクトを入れた左眼と白内障手術後の左眼で車の運転を出来るような視力にしないといけない訳で、右眼は遠近両用のレンズにするのは確定ですが、左眼は度無しにするか少し度を入れるかで悩み、左眼も少しだけ度を入れて遠近両用のレンズにすることにしました。手術後の右眼だけの話ならば通常の保証の範囲で6ヶ月以内は度数変更無料なのですが、これから手術をする左眼の事を考えると有料の保証(300円/月×3年)に入らないといけません。しばらく悩みましたが、少なくとも1回はレンズを替えないといけないことはハッキリしていて、保証に入らないで支払う事になる替えのレンズ代と保証で支払う金額を考えると有料の保証に入る方が安くなるので、保証に入る事を決心しました。フレームとレンズを選ぶのはそんなに時間はかからなかったのですが、出来上がりの日程の話になるとレンズの取り寄せに10日くらいかかると言われました。それでは1週間後に車で通勤するのに間に合いません。それならば直ぐに手に入る安いレンズにとしたいところですが、そうすると保証の範囲で交換するのは同程度のレンズになってしまうと言う事で保証に入るメリットがありません。なんとかならないかと言う事で、すぐに準備できる近視のみのレンズを店でなんとか手配して、それを注文したレンズが来た時に入れ替えて貰える事になりました。先週コンタクトレンズを購入したので今回の眼鏡は半額になり、左眼の白内障手術までもう一度買わなくてはいけないコンタクトレンズも今回眼鏡を買ったことで半額になると言う事でした。眼鏡だけを考えると他の弐萬圓堂や眼鏡市場が安くなると思うのですが、コンタクトレンズも考えるとこの店が歩いて行けるところにあって助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.