「あまちゃん」東京編

2009年夏、アキ(能年玲奈)はひとり東京にやってきた。さっそく、マネージャーの水口(松田龍平)に劇場を案内されるが、「GMT47」のメンバーはまだ5人だけで、人気グループ「アメ横女学園(アメ女)」の代役に過ぎないという衝撃の事実が発覚。さらに、久しぶりに実家に帰ると、そこには父・正宗(尾美としのり)の恋人が…。

引用元: あらすじ|NHK連続テレビ小説「あまちゃん」.

 東京編が始まった初っぱなの月曜日は先週までとは大違いの展開になってしまい、これから見続けるのをためらってしまうような雰囲気でした。それでも今日の放送では持ち直した感じで、普通にクドカン(宮藤官九郎)ペースに持ち込まれてしまったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.