「方舟新章」

KENTAが杉浦との死闘制しV2 田上が引退を表明

「方舟新章」として新たな船出に臨んだ12日のプロレスリング・ノア東京・後楽園ホール大会は、立ち見までギッシリの超満員となる2200人を動員した。

前日に日本武道館で行われた鉄人・小橋建太の引退記念試合の余韻も醒めやらぬ中、新たな門出の日に集まったファンに田上明社長は、「『心に残るプロレス』を合言葉に生まれ変わります」と所信表明。リング上に整列した全選手に「頼むよ!」と呼び掛けると、副社長の丸藤正道も「偉大な先輩たちの財産を守りつつ、新しいものを見せ、業界のトップに立つ」と誓いを打ち立てた。

引用元: ノア「方舟新章」|試合速報|格闘技|スポーツナビ.

 朝、新聞のテレビ欄を見た時には録画予約しなくてはと思っていたものの、朝ご飯を食べたらすっかり忘れてしまい、思い出したのは夕方になってからでした。5/20の夜中に再放送があるので良かったのですが、早めに帰宅して晩ご飯を食べた後でG+にチャンネルをあわせました。丁度メインイベントのKENTAvs杉浦が始まるところで、そこから30分以上テレビ画面に釘付けとなっていました。前日の武道館での小橋引退試合を観戦しに来たついでに次の日の後楽園ホール大会に来た人も多かったのでしょうが、満員の後楽園ホールでの「方舟新章」は確かに新団体旗揚げのような雰囲気がありました。この勢いを継続出来たらこの先の心配は無くなるのですが、今度は怪我や故障での離脱が出て来ないかと心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.